これだけは覚えておこう!お家で作る”炊き込みご飯”をあっという間に料亭の味にするコツ

これだけは覚えておこう!お家で作る”炊き込みご飯”をあっという間に料亭の味にするコツ

2015年09月21日更新 yomogi 4389 view

秋といえば収穫の季節、特にお米は新米の季節です。もちろんそのまま白米でいただくのも美味しいのですが、ここはあえて秋の味覚を混ぜた炊き込みご飯はいかがでしょうか?お茶碗一杯で秋の味覚を堪能することができますよ。

秋の味覚大集合!炊き込みご飯を作ろう

秋には美味しいものがたくさん収穫されますよね。
さつまいも、栗、お米、きのこ、秋刀魚…食べると秋が来たなあと思える味です。
今回は、そんな秋を感じる炊き込みご飯のレシピをご紹介します。

炊き込みご飯を料亭の味に仕上げるポイント

①お米は水を吸わせる

出典:allabout.co.jp

より美味しくお米を炊くには一手間加えなければいけません。
まずお米を洗ったら、水に30分浸しておきましょう。
そうすると、ふんわりと柔らかいご飯が炊きあがります。

この時点ではまだ調味料は入れません。真水を吸わせましょう。

②具は全体の2割入れる

炊き込みご飯にはたくさん具が欲しいところですが、あんまり具を入れるとご飯が硬くなってしまいます。
料亭のような上品な味を求めるなら、2割に留めておきましょう。

③味付けは控えめにする

出典:allabout.co.jp

基本的にお米1合に対して醤油、酒を各大さじ1入れると失敗しません。
これをベースに、みりんや塩、昆布だしなどを入れます。
炊き込みご飯は主食なので、塩分は少な目に、味は薄めにした方が美味しくいただけます。

④炊くときに具材は混ぜない

いよいよ炊き始めます。
調味料と水を入れ終えたら、お米の上に固いものから順に置いていきます。
先に混ぜてしまうと炊きムラが出るので、混ぜないようにすることがポイントです。

これで美味しい炊き込みご飯の完成です

炊き上がったら具材とお米を混ぜて、また蓋をして蒸らしましょう。
こうすることで、より香りが引き立ちます。

秋の炊き込みご飯レシピ

なんちゃって松茸ご飯

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

yomogi

最近「おいせさん お清め塩スプレー」でリフレッシュしてます♡