じゃがいものミルフィーユがおしゃれで美味しい!カリカリの”ポテトスタック”を作ってみよう♡

じゃがいものミルフィーユがおしゃれで美味しい!カリカリの”ポテトスタック”を作ってみよう♡

2016年02月13日更新 misato 3434 view

「ポテトスタック」。これが今、おしゃれな女子の間で話題になっているんです。ポテトスタックとは、じゃがいもをスライスして焼き上げたもの。簡単レシピなのに美味しくておしゃれ!と大人気なんです。カリカリほくほくの両方が楽しめて、お酒のおつまみにもぴったり。そんなポテトスタックの基本のレシピとアレンジレシピをチェックしていきましょう。

ポテトスタックとは?

「ポテトスタック」という料理、聞いたことはありますか?

「スタック」とは、「積み重ねたもの」という意味。
薄くスライスしたポテトをタワーのように積み重ねたとってもおしゃれな一品なんです。
しかも、レシピも簡単。
ワインのおつまみに、ごちそうの付け合わせに、ワンプレートランチに…。
大活躍してくれること間違いなしのポテトスタックを作ってみましょう。

香ばしい味でやみつきに♡

調理の手間もかからないのに、おしゃれで美味しいので色々なシーンで使えるポテトスタック。
一般的な油で揚げたポテトよりもヘルシーで、おしゃれな見た目が評判を呼んでいます。

薄くスライスしてカリカリになったポテトの食感がたまらない。
おもてなしにもぴったりなポテトスタックのレシピを見ていきましょう。

基本のレシピをチェック

【材料】
・じゃがいも 3個
・チーズ(お好みで)適量
・にんにく 一かけ
調味料
Aオリーブオイル 大さじ3
Aパルメザンチーズ 大さじ2
Aマスタード 小さじ1
A塩 小さじ1/2
Aブラックペッパー 少々

お好みでバジルやローズマリーなどのハーブを加えても◎
じゃがいもは、男爵イモでもメイクイーンでも美味しくできますが、おすすめはカリカリとほくほくの食感が両方楽しめる男爵イモです。

出典:ameblo.jp

【作り方】
1.
まずはオーブンを180℃に予熱しておきましょう。

じゃがいもは皮をむき、5mm程度に薄切りします。
なるべく薄く均一にスライスすると、見た目もよくなりますよ。

Aを大きめのボウルに入れ、よくなじむようにかき混ぜます。

出典:ameblo.jp

2.
1で調味料を混ぜておいたボウルにスライスしたじゃがいもを混ぜ、全体によく絡めます。
じゃがいも一枚一枚に均一に調味料がなじむように混ぜていきましょう。

出典:ameblo.jp

3.
2のじゃがいもをマフィン型に重ねて入れていきます。
マフィン型がなければ耐熱のカップなどでもOKです。
チーズと交互に重ねても◎

じゃがいもを重ねたら、一番上にチーズを乗せます。
とろけるチーズはもちろん、カマンベールやブルーチーズならしっかりとチーズの味が楽しめるのでおすすめです。

出典:ameblo.jp

4.
180℃に予熱したオーブンで40分程焼いて完成。
仕上げにパセリや岩塩などをふりかけると、見た目もおしゃれに。

手軽にアレンジ!ポテトスタックのレシピをチェック

メインのお肉のちょっとした付け合わせにもポテトスタックが便利。
カリカリの食感が、お肉の箸やすめにぴったりなんです。

そんなポテトスタックには、作り方や味付けも様々なレシピが登場しています。
オーブンやマフィン型が無くても大丈夫。
簡単に作れるポテトスタックのレシピを見ていきましょう。

レンジで時短☆簡単ポテトスタック。

出典:cookpad.com

電子レンジでじゃがいもを柔らかくしてから、オーブントースターでカリッとした焼き目をつけるこちらのレシピ。
オーブンが無いという方におすすめです。
火が通りやすいように、じゃがいももスライサーで薄くスライスしましょう。
また、マフィン型ではなく、耐熱のシリコンカップを使っているので、すぐに再現できるのが嬉しいですよね。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

misato

いろんな美容法を実践しています♡