その不調、腸が原因かも!?美に欠かせない腸内環境の整え方

その不調、腸が原因かも!?美に欠かせない腸内環境の整え方

2016年08月27日更新 あーちゃん 1583 view

女の子はいつも綺麗でいたいものです。一生懸命外見を磨いても、「なんだか今日の私、可愛くないかも…」なんて思うこともあるのではないでしょうか?それはもしかしたら、腸内環境が関係しているのかもしれません。そんな時は、腸内美容を心がけましょう。

最近なんだか不調気味…。

出典:weheartit.com

綺麗にメイクをしているのに、なんだか化粧のノリが良くない…。
そんな悩みは、女の子なら誰でも抱えることがありますよね。

そんな時は、腸内環境が悪くなっているのかもしれません。
もし、肌荒れが起こったり、風邪をひきやすかったり、お通じが悪かったりしたなら、それは腸内環境が良好に保たれていないせいかもしれません。

では、具体的に腸内環境の悪化が体にどのような影響を及ぼすのか、確認しておきましょう。

腸内環境が悪くなるとどうなるの?

イライラしやすい、集中力が低下する

出典:weheartit.com

腸というのは体の中でもかなり重要な役割を担っている場所です。
セロトニンという神経伝達物質が体内にはありますが、これが腸を自律的に動かしています。
しかも、神経細胞も脳に次いで2番目に多いと言われています。
ですので、腸は「第二の脳」と言われるほど、体内に大きな影響を及ぼします。
腸の調子が悪いと、体にストレスが溜まり、イライラしやすく、集中力も低下してしまうのです。

ニキビや肌の乾燥が気になる

出典:weheartit.com

腸内環境はお肌の状態にも大きく影響します。
食べ過ぎなどで腸に負担をかけると、翌日にはお肌にニキビができてしまったり、皮脂が大量に分泌されてオイリー肌になってしまったり。
女性の肌トラブルの大きな原因となっているのが、腸の状態が悪化することなのです。
肌の状態を見れば腸がどんな状態にあるかわかるため、「肌は腸を映す鏡」なんていう言葉もあります。

血流が滞って老廃物が溜まる

出典:weheartit.com

腸の状態が悪くなると、血液がドロドロになってしまいます。
その結果、血流が悪くなり、老廃物を出すことができなくなります。
そうすると、体内には悪玉菌が増えてしまいます。
こうなると、便秘になる、内臓に負担がかかる、発がん物質や有害物質が作られる、免疫力が低下する、など体に悪影響をもたらすようになります。
さらに、体内には日和見菌というものも存在し、悪玉菌が増えると、日和見菌までも悪玉菌に変わってしまい、より状況は悪化します。

腸内環境を改善するには?

出典:weheartit.com

腸内環境の悪化が体に与える影響は大きいです。
では、どうしたら腸の状態を良好に保つことができるのでしょうか?
腸の状態さえ綺麗に保っていれば、体は健康になれるんです。

食物繊維をとる

腸の状態に大きな影響を与える成分といえば、食物繊維です。
これは、ごぼう、れんこん、大根などの根菜類や、バナナ、わかめ、玄米などに多く含まれています。
これを1日25グラムを目安に摂取するようにしましょう。
そうすれば、便通も良くなり、腸の状態が綺麗に保たれます。
ただし、いくら腸にいいからといって、大量に摂取するのは危険です。
お腹を下してしまう恐れがあるので注意しましょう。

水を飲む

水分は、体の約7割を占めていると言われています。
また、食べ物がなくても、水さえあればしばらくは生き延びられると言われるほど、水分は体にとって重要なものなんです。
そのため、水分はしっかり体に入れておくことが大切です。
お通じが悪くなる原因は、腸の水分不足です。
1日約2リットルほどの水を飲むことで、体全体が潤い、健康時な状態が保てるのです。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR