2016年は赤い下着で開運♡12年に1度の「申赤(さるあか)」にあやかっちゃおう

2016年は赤い下着で開運♡12年に1度の「申赤(さるあか)」にあやかっちゃおう

2016年01月16日更新 くたまんご 2227 view

「申赤(さるあか)」ってご存じですか?申年に赤い下着やものを身に付けることで開運するという、古くからの言い伝えのことで、有名人や著名人もバッチリ意識しているようなんです。12年に1度のチャンス、せっかくだから「申赤」にあやかってみましょう。

開運にバッチリな「申赤」って何?

昔から申年には赤いものを身につけると縁起がいいとされています。
この縁起担ぎの一環を「申赤(さるあか)」と呼び、開運のためにいろんなところで用いられているのです。

「赤色」が持つ本来のパワーも開運にはもってこい♡

出典:weheartit.com

「赤色」の持つイメージや、カラーテラピーの側面から見る色の意味はとても前向きなものです。
パワーあふれるカラーで、勇気や、どんなことにもチャレンジしていくという意味が込められています。
赤色自体がポジティブなカラーなんです。

そんな赤色を、今年は下着で身につけてみませんか?

どんな下着を選べばいいの?

1.赤いレースブラ

赤色の下着と一口に言っても、どんな下着を選べばいいのかわかりませんよね。
どうせなら、女子力も一緒にUPできそうな可愛い下着を選んじゃいましょう。

2.ポイントに赤を使う下着

真っ赤な下着には抵抗がある、という人にオススメなのが、ワンポイントや刺繍などで赤を使っている下着です。
小さくても赤色がハッキリしたものなら大丈夫ですよ。

3.赤いインナー

赤い下着はちょっと、と思う人は赤いインナーを着用しましょう。
キャミソールやノースリーブ、寒い季節なら腹巻きなどでもいいですよ。
肌に直に身に付けるものが赤だとOK。

海外でも「申赤」は鉄板!

「申赤」はもちろん海外でも鉄板です。
イタリアでは赤色は幸運の色と言われていて、元旦には赤い下着を身に付ける習慣があるそうです。
また、中国では魔除けの色として赤い下着が慕われています。
男性は厄年に赤い下着を履くのがメジャーなんですよ。

赤い下着で開運を♡

今年は「申赤」にあやかって、心身ともにパワーアアップの年にしちゃいましょう。
開運の第一歩として、ぜひ赤い下着を身につけてみてくださいね。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

くたまんご

よろしくお願いします。