洋梨体型にはヨガが効く!簡単なポーズで下半身をスッキリさせよう♡

洋梨体型にはヨガが効く!簡単なポーズで下半身をスッキリさせよう♡

2016年08月29日更新 c_nini 2569 view

洋梨体型でなかなか痩せられないとお悩みの方に朗報です。毎日数分間、体を動かすだけで下半身をスッキリさせる方法があるんです。この機会に、悩みの洋梨体型とさよならしませんか?

洋梨体型は痩せにくい?

出典:weheartit.com

上半身は痩せているのに、下腹部から太ももにかけてはぽっちゃり…。
そんな洋梨体型は「皮下脂肪型肥満」と言い、皮下組織に脂肪が蓄積している状態。
この皮下脂肪を落とすには有酸素運動が効果的ですが、激しい運動は続きませんよね?

そこでヨガの出番です。
ヨガはゆっくりとした動きでも脂肪燃焼に効果のある、れっきとした有酸素運動なのです。
今回は、洋梨体型の原因と、ヨガによる解消法をご紹介します。

洋梨体型になってしまうワケ

出典:weheartit.com

そもそも、下半身にばかり脂肪がついてしまうのはなぜなのでしょうか?
実はこれ、一番の原因は「骨盤の歪み」だったのです。

一般的に女性のほうが男性よりも骨盤が歪みやすいとされています。
これは、女性ホルモンの働きで骨盤をつないでいる靭帯が緩む時期があるため。
骨盤の歪みは下半身太りだけでなく、腰痛や便秘などの症状が出てしまうこともあるのです。

骨盤の歪みが引き起こす影響

出典:weheartit.com

骨盤が歪むと内臓の位置がずれてしまい、内臓機能を低下させ、代謝が悪くなっていきます。
また、骨盤のまわりの血液やリンパの流れも滞りがちに。
これにより、下半身の老廃物の流れも悪くなってしまい、排出されずに溜まっていきます。
老廃物が溜まるということは…もうお分かりですよね。

そう、洋梨体型になってしまうんです。

冷えやむくみも洋梨体型の大敵

出典:weheartit.com

女性の多くは冷えやむくみという悩みを抱えていますが、これも下半身太りの要因です。
重力によって上半身から下半身に送られてきた血液やリンパを戻す時に、ふくらはぎなどの筋肉がポンプの役割を果たします。
ですが、筋肉量が少ない女性はこの機能が低下するため、慢性的な冷えやむくみにつながりやすくなります。
骨盤の歪みと同じく血液やリンパの流れが悪くなり、老廃物が溜まりやすくなってしまうのです。

どうしてヨガが効くの?

出典:weheartit.com

ヨガはゆっくりとした動作で行うため、あまり運動効果がないように思えます。
でも実は、独特の深い呼吸とポーズによって、普段使われていない筋肉を動かし、効率的に鍛えることができるのです。

ヨガのポーズには、骨盤の位置を整えたり、股関節の稼働をよくするなど様々な効果があります。
内臓の機能を正常化し、血液やリンパの流れを良くすることで、溜まった老廃物が排出されて下半身がスッキリするというわけです。

洋梨体型に効果的なヨガのポーズ

合せきのポーズ

股関節を開き、骨盤の歪みを整えてくれます。

■やり方
1.膝を開いて座り、両足の裏を合わせます。足先を両手で包むように持ち、かかとを体に引き寄せます。
2.坐骨で床を押すように背骨を上に伸ばします。
3.息を吐きながら、上体を前に倒します。

木のポーズ

出典:vitaminef.jp

太ももを引き締め、むくみや冷えを解消してくれます。

■やり方
1.両足に均等に体重をかけて立ち、片足を曲げて足裏を反対側の太ももにつけます。
2.背筋を伸ばし、胸の前で合掌します。
3.息を吸いながら両手を上に伸ばします。
4.足を入れ替えて反対側も行います。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR