甘くなりすぎない!ピンクのアイテムを上手に着こなすコツ

甘くなりすぎない!ピンクのアイテムを上手に着こなすコツ

2016年02月17日更新 yun 2235 view

女の子なら誰でも一度は身につけたことがあるピンクのアイテム。しかし、その甘さが苦手だという方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな方のために甘くなりすぎないピンクのアイテムの着こなし術をお教えします。

女の子カラーなピンクのアイテムはもうムリかも…

女の子カラー満載なピンクのアイテムは、年を重ねるごとに身につけにくくなってきますよね。
春だからといってピンクのアイテムを身につけられる年頃ではなくなってきたという大人女子は、甘すぎないピンクコーデにチャレンジしてみませんか?

甘くなりすぎない!ピンクのアイテムを上手に着こなすコツ

ブラックのアイテムで引き締めて

出典:wear.jp

フェロモンたっぷりなピンクのアイテムは、ブラックで引き締めることでスカート姿でも甘すぎない印象になります。
キャップ帽をプラスして、ボーイッシュに決めるのもありです。

出典:wear.jp

暗く見えがちなブラックコーデのときに活躍させられるのもピンクのいいところ。
トップスをピンクにするだけで華やかな雰囲気がでます。

出典:wear.jp

ボリューム感のあるアウターのときは、ショーパンスタイルですっきりとまとめましょう。
ハイソックス気味なグレーのアイテムもマンネリ打破のポイント。

ラベンダーピンクを選んで上品に

出典:wear.jp

より品よく見られたいという方は、ピンクの中でも紫っぽいラベンダーピンクを選ぶのが◎

出典:wear.jp

パステルカラーのラベンダーピンクは、同じパステルカラーのアイテムとも合わせやすいです。
その際は、小物の色味はシンプルなものにしましょう。

グレーで渋さを投入して

出典:wear.jp

ビビッドなピンクは派手すぎて抵抗感がある方も多いのでは?
そんなときは、グレーのアイテムを足して大人っぽさを演出しちゃいましょう。

出典:wear.jp

とろみ系ガウチョなら、冬だけでなく春にだって活躍してくれるので、今から購入するのもおすすめです。
子供っぽくなりがちなベビーピンクのときにも使える1枚ですよ。

Vネックを選んで大人っぽく

出典:wear.jp

可愛くなりすぎずに大人っぽさを重視したピンクコーデをしたいときは、Vネックのものを選びましょう。
首回りが広く開いていることで、顔がすっきりと小顔にも見えますよ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

yun

シンプル可愛いを勉強中