【日焼けとの戦いは始まってる!】美白を死守する日焼け止めの塗り方

【日焼けとの戦いは始まってる!】美白を死守する日焼け止めの塗り方

2018年04月01日更新 あーちゃん 2317 view

日焼け止めをしっかり塗ったはずなのに、あれ?焼けてる?なんてこと、ありませんか?実は、日焼け止めはただ塗ればいいってものではありません。絶対に焼かないためには、日焼け止めの塗り方もとっても大切なんです。

日焼け止め、塗ったのに…なぜ!?

出典:girlydrop.com

日焼け止めを塗って、いざ外へ。
しっかり塗ったはずなのに、帰るとなぜか焼けている…なんて経験、ありませんか?

実は、日焼け止めにも正しい塗り方があるのです。
絶対に焼かないためにも、しっかり学んでおきましょう。

絶対に焼かない!日焼け止めの塗り方

適量は500円玉1枚分

まず、顔に塗る際の適量は500円玉1枚分と言われています。
少し多いようにも思いますが、これくらいしっかり塗っておかないと、焼けてしまうのです。

保湿をしっかり

日焼け止めを塗る前の保湿も大切です。
日焼けは肌の火傷。
肌にうるおいがあれば、その程度も軽くなります。
しっかりと化粧水や乳液を肌に染み込ませましょう。

塗るときは軽くポンポン

しっかり塗りたいと思って、しっかり擦りこむのがいいと思っていませんか?
実はそれでは逆効果。
肌に負担がかかってしまうのです。
塗るときは少量ずつ、肌にポンポンとのせるように入れていきましょう。

こまめに塗りなおす

家を出る前に一回塗ったからと言って、そのあと何もしない、なんて人はいませんか?
いくらウォータープルーフタイプでも、日焼け止めは汗などで少なからず落ち、効果が薄れてしまいます。
気づいたらこまめに塗りなおすようにしましょう。

出かける30分前に塗る

日焼け止めをあわてて家を出る直前に塗るのは危険。
日焼け止めの効果は、だいたい塗ってから30分後に現れます。
その間に日焼けしてしまっては、意味がありません。

それでも日焼けしてしまったら…?

どんなに気を付けていても、日焼けしてしまう時もありますよね。
そんなときは、正しい対処法でケアしましょう。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR