ゲスの極み乙女。サカナクションを抜いて一位に!WHITE JAMって誰?

ゲスの極み乙女。サカナクションを抜いて一位に!WHITE JAMって誰?

2016年02月24日更新 momo 1756 view

卒業ソングとして、中高生を中心に支持を集めているWHITE JAM「咲かないで」。ゲスの極み乙女。やサカナクションなど、話題の作品を抑えてYahoo!映像トピックスでウィークリー1位を獲得していることがわかりました。

間もなくやってくる卒業シーズン

出典:weheartit.com

毎年さまざまな卒業ソングで賑わうこの時期ですが、今後の新定番となりそうなのが、WHITE JAM「咲かないで」。
この楽曲は、ゲスの極み乙女。やサカナクションなど、話題の作品を抑えてYahoo!映像トピックスでウィークリー1位を獲得していることがわかりました。

CDが本日発売!

出典:

本日、2月24日に「咲かないで」が発売されたのですが、早速iTunesアルバム総合リアルタイムチャートで1位を獲得したようです。
以前に歌詞検索サイト「歌ネット」にてリアルタイムチャート1位を獲得したほか、ミュージックビデオがYahoo!映像トピックス音楽カテゴリーで2週連続1位を獲得。
女子中高生に人気の卒アル動画のBGMとして使用されている「咲かないで」はこれで今年のNo.1卒業ソングとして名実共に証明されました。

今、WHITE JAM「咲かないで」が大人気!

出典:

メディア等への露出は少ないながらも、WHITE JAM「咲かないで」がじわじわと人気を拡大できた背景には、中高生を中心とした若者からの圧倒的な支持があります。
たとえば、離れた場所にいてもカラオケでコラボができるアプリ『nana』では、「咲かないで」が10,000人で歌唱されています。
学校のクラスメイト同士や成人式に集った仲間などの若い世代がこれに反応し、わずか2カ月で10,000人を達成。
参加者の歌声は記念として、CDに収録されることも決定したようです。

出典:ink361.com

また、渋谷の女子高生がスニークプレビュー方式で視聴し、最も気に入った曲を選ぶ『Kurukoreランキング』でも、WHITE JAMが2016年最初の1位を獲得しました。
「卒業式で聴いたら感動する」「切なくて泣ける」などのコメントから、“卒業”を意識する世代にしっかり届くことも証明されたんです。

2月3日よりiTunesとレコチョクで先行配信を開始しており、24日にはいよいよCDで発売となります。

WHITE JAMって?

WHITE JAMは、メインボーカルのSHIROSE、女性ボーカルのNIKKI、ラップのGASHIMAの3人によるユニット。
2014年にメジャーデビュー後、着実にファンを広げ、前作でもある3rdシングル『ウソツキ』は、iTunes総合アルバム・チャートで堂々の1位を獲得。
実力派アーティストとしてのパワーを見せつけました。
また、3人はそれぞれがプロデューサーとしても活動しており、特にSHIROSEは、AAAや東方神起ら有名アーティストへの楽曲提供も多数手がけています。
「1,000万人が泣いた歌声、日本一のメロディーメーカー」というキャッチフレーズも伊達ではないです。

出典:ink361.com

今作「咲かないで」は、ピアノとストリングスが彩る優しげなミドルチューン。
サビで繰り返し歌われる「咲かないでよ 咲かないで」の一節しかり、別れを惜しむ心情をそのまま託した歌詞が、メロディと相まって耳に残ります。
同曲が10代の若い層に響いた一因にあるのも、おそらくこの歌詞。
“黒板の落書き”や“集合写真”といった学校生活を彷彿させるワード、そして“卒業”という人生の節目へのセンチメンタルなイメージが、思春期の繊細な心を揺さぶり、共感を呼んだのではと考えられます。

そんな、若い世代との親和性の高さゆえ「咲かないで」は、黒板にチョークのみでイラストを描くアート作品の全国大会『第1回 日学・黒板アート甲子園』の応援テーマソングにも決定。
高知県立高知西高校の「かさぶたず」による制作風景を採用したMVも特別に制作され、素晴らしいコラボを見せています。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=wxIfvDBmQ4Q

出典:ink361.com

中高生たちの間では、同楽曲を使った『お別れダンス』や、『卒業スライドショー』が大流行しています。
これは、友人と思い出をふりかえり、プレゼントするというものなんです。



出典:https://twitter.com/0221riku/status/694838331385839616

出典:ink361.com

一方で、二次創作的な広がりも若者世代への浸透に一役買っているようなんです。
昨今、女子高生の間で流行中の楽曲の歌詞を漫画にしてSNS上で公開する“歌詞漫画”にもいち早く取り上げられ、漫画経由で楽曲を知る人が増加しているほか、動画投稿アプリ『MIX CHANNEL』内で人気の双子ダンスデュオ「まこみな」が、楽曲をテーマにした“お別れダンス”をアップし、大反響を巻き起こしていることなどがいい例。
リリースが間近に迫り、こういった動きもさらに活性化することは間違いないですね。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

momo

美味しいものだいすき♡