ぽっこりお腹とサヨナラできる!簡単なのにみるみるお腹がすっきりする最強エクササイズ

ぽっこりお腹とサヨナラできる!簡単なのにみるみるお腹がすっきりする最強エクササイズ

2016年08月20日更新 あーちゃん 2179 view

どんなに頑張っても、なかなか痩せないお腹周り。もう嫌…なんて嘆いている人も少なくないはず。でも、あなたのお腹が痩せないのは、ダイエットのやり方に問題があるからかもしれません。実は、しっかりとお腹に効いて、みるみるすっきりお腹になっていく最強のエクササイズがあるんです。

ぽっこりお腹が気になる…

出典:weheartit.com

飲み会続きで、気づくとお腹がぽっこりしてきている。
外食続きで最近お腹周りが気になる。

そんな悩みを抱える女子も多いはず。
食べ過ぎると、そのお肉が顕著に現れるのがお腹周りなんです。

食べても太らない子が羨ましい!なんて思うこともあると思いますが、こればかりは体質によります。
ぽっこりお腹が気になってしまったら、他の人と比べるのではなく、効率がよくて即効性があるエクササイズでなかったことにしてしまうのが一番です。

ぽっこりお腹に効くエクササイズ

体全体に効く「上体起こし」

出典:weheartit.com

せっかくエクササイズをするなら、お腹以外にも効かせたい。
そんな欲張りな女子には、「上体起こし」がおすすめです。

いわゆる一般的な腹筋運動のことで、学生時代の体育の時間にやった人も多いはず。
床に座ってそのままやると腰や背中を痛めてしまう可能性があるので、マットや座布団を敷いてケアしましょう。
行なうときは足を直角に曲げ、自分のペースで行いましょう。
割と負荷が大きいので、続けるためには無理をしないことが大切。
慣れない人は、1日に数回ずつでもいいので、自分が続けられそうなペースで行いましょう。

下腹が気になるなら「足上げ腹筋」

出典:weheartit.com

ウエストはそれほどでもないけれど、とにかく下腹がぽっこりしてきて気になる…。
そんなあなたには、「足上げ腹筋」がおすすめ。

下腹を中心にシェイプアップしてくれるので、下腹太りがすっきりします。
これは上体起こしのように上半身を上げ下げするのではなく、反対に足を上げ下げする運動なので、負荷はそれほどかからず、運動不足気味の人でも手軽にできます。

これも無理をせず、自分が少し「きついな」と思う程度で止めておきましょう。

どこでもできる「ドローイン」

出典:weheartit.com

お腹を引き締めたいのはやまやまだけど、毎日朝から晩まで忙しく働いているし、エクササイズなんてしている暇なんてない。
そんな人は、場所を選ばない「ドローイン」を試してみましょう。

これは一時期大ブームになった方法で、本もたくさん出ているほど人気の方法です。
やり方は、背筋を伸ばして立ち、息を吸いながらお腹を一気に引っ込めます。
その状態のまま30秒ほど、呼吸を繰り返します。

これだけの方法なので、家でなくても電車内やちょっとした休憩の間にもできてしまいます。

簡単に続けられる「おなか凸凹ダイエット」

出典:weheartit.com

エクササイズなんてキツイものばかりだし、頑張らないとお腹周りのシェイプアップなんて無理…そんな風に思っていませんか?
最近は、楽に続けられるエクササイズも多く考えられていて、ズボラ女子たちの注目の的になっているんです。
中でも最近人気なのが、「お腹凸凹ダイエット」と呼ばれるもの。

やり方は、全身をリラックスさせたら、1〜2秒かけて、腹筋を使いながらお腹を凹ませます。
そのあと、同じく1〜2秒かけて、これまた腹筋を使い中らお腹を膨らませていきます。

動作はたったこれだけですが、10日間でウエストが-4cmになったり、体重が2キロも減ったりなど、嬉しい効果が続々出ているようです。
さらには、便秘まで改善されるという思いがけない効果も。

太もも・お尻にも効く「スクワット」

出典:weheartit.com

お腹だけじゃなく、太ももやお尻も一緒にシェイプアップしたい。
そんな効率主義の女子には、「スクワット」がおすすめ。

やり方は、足を肩幅より少し広めに開き、足を曲げて腰を下ろしたり伸ばしたりを繰り返します。

お腹周りにはもちろんのこと、落としにくい足やお尻のお肉もすっきりさせてくれます。
こちらも今までのエクササイズ同様、無理のないペースで進めることが大切です。
まずは1日20回くらいから始めるといいでしょう。

エクササイズをするときの注意点

出典:weheartit.com

お腹周りのエクササイズをする時には注意点もあります。
まず、食後1時間は避けましょう。
胃に食べ物が多く残っていると、腹筋に力を入れた時にお腹が痛くなったり、気持ちが悪くなったりしてしまう可能性があるからです。
また、腹筋を鍛える際には腰を痛めてしまうリスクも高いので、姿勢を正した上で行うようにしましょう。
これさえ守れば、確かな効果が実感できるはずです。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR