シンプルだからこそきらめく!華やかで上品な宝石ネイルって?

シンプルだからこそきらめく!華やかで上品な宝石ネイルって?

2017年04月02日更新 あーちゃん 772 view

きらめく宝石のようなビジューがついたネイルって、素敵ですよね。でも、オフィシャルな場にはあまりしていけないなんて思っていませんか?実は、宝石ネイルこそ、シンプルなのに華やかな大人の女性のネイルにぴったりなんです♡

女の子はキラキラしたものが大好き!

キラキラ輝くラメやホログラムは、見ているだけでうっとりしちゃいますよね。

そんなキラキラのネイルを試したいなら、大きなビジューを指先につけた宝石ネイルがおすすめなんです!

指先をきらめかせる宝石ネイル

キラキラしたネイルは魅力的だけど、職場で浮かないか心配……なんて思っている人もいると思います。
でも、宝石ネイルはアクセントに華やかなビジューを乗せるだけなので、派手になりすぎず、適度な華やかさを演出してくれるんです。
ということで今回は、おすすめの宝石ネイルのデザインを紹介しちゃいます。

ワイヤーにぷっくりネイルを閉じ込めて、まるで本物のジュエリーのような雰囲気に仕上げた宝石ネイルです。
ベースはホワイトなのでシンプルで、それによって宝石のモチーフがより引き立っています。
カラフルで派手なネイルが苦手な人でも取り入れやすく、程よく華やかさを演出してくれるので、おすすめです。

ミルキーピンクのネイルは単色だけでも十分にフェミニンガーリーでかわいいのですが、ビジューを乗せることで存在感がぐっとアップします。
ベースの色は肌の色に近いので、色白さんは馴染みすぎてしまうこともありますが、対角線にライン上に入れたきらめきモチーフが上品に、しかも派手さなく爪を彩ってくれています。

こちらもミルキーピンクをベースカラーにしながら、宝石ネイルをアクセントとして使用しているデザインです。
爪の一本にはこれでもかというほどのストーンが散りばめられていますが、その他の爪は単色の控えめカラーなので、ゴテゴテになりすぎることもありません。
仕事柄、宝石ネイルをしたくてもなかなか難しいという人には、このようにバランスをとったネイルが最適ですよ!

華やかなグラデーションネイルを取り入れているので、ストーンを控えめにしますが、綺麗な調和がとれているので、大人っぽく、華やかなレディ感たっぷりのネイルに仕上がっています。
ネイルの周りに細いゴールドラインを引いているのも小ワザが効いていてさらに爪が綺麗に見えるポイントです。
春のイベントには欠かせません。

上品な逆フレンチネイルは、白×ピンクという王道のモテ配色にすることでさらに女子力がアップします。
これだけでもシンプルでキュートな春っぽいネイルですが、フレンチのライン上にキラキラのビジューを乗せることでスタイリッシュになりますし、上品でエレガントな雰囲気がプラスされます。

上品なコーラルピンクは、少し年齢を重ねた大人の女性にぴったりのカラーです。
華やかなオレンジがかったピンクが指の血色も良く見せてくれますし、デザイン以外にも大きなメリットがあります。
ただ、肌のカラーと似ているので、一本にゴールドのビジューをランダムにのせて、まるでジュエリーボックスをひっくり返したかのような賑やかできらびやかな爪にするとパッと目を引きます。

くすんだベージュのようなカラーは、シンプルで控えめなのでオフィスなどのフォーマルな場にもぴったりですが、その分なんだか地味に見えてしまうのがデメリットです。
そんな時は、アクセントを加えてあげるのが一番です。
1本をホワイトカラーベースのネイルにして、モチーフをジェルで閉じ込めたようなデザインにしてみると、華やかさも出ますし控えめなのでバランスのとれた上品ネイルが完成します。

大きなビジューを乗せると存在感が出て華やかさが一気にアップしますが、小ぶりなビジューにすると上品さが引き立ちます。
ミルキーピンクとホワイトのカラーをベースに、爪の根元や縦ライン上に少なめに入れたストーンがつめさきを明るく、綺麗に彩ってくれています。
ホワイトネイルにのせたストーンのカラーが違うのもアクセントになって素敵です。

宝石ネイルで指先から大人レディになろう♡

いかがですか?
宝石ネイルなんて、キラキラしすぎてつけていくところが限定されそう……と思われがちですが、バランスさえ間違えなければ、オフィスにもぴったりの上品なネイルにできるんです。
明日からぜひ、試してみてくださいね!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR