彼に触れられても大丈夫♡冬のパサつく髪の対策方法

彼に触れられても大丈夫♡冬のパサつく髪の対策方法

2017年11月12日更新 RICO 419 view

冬は乾燥の季節。お肌だけじゃなく、髪も乾燥することでパサパサのまとまりにくい状態に・・・。静電気も気になりますよね。そこで今回は、女性にとって大切な髪をパサつきから守る正しいケア方法をリサーチしました!

冬は特に髪のケアが重要!

出典:pixabay.com

女性にとって髪は全体の雰囲気を決める大切なポイント。
髪の調子が良くないと、メイクやファッションがどんなに決まっていても何だか清潔感がなくてみすぼらしい感じがしますよね。
男性から見ても、思わず触れたくなるようなツヤのあるサラサラの髪は憧れです。

きちんと毎日ヘアケアしているつもりでも、冬になるとなぜかパサついてまとまりにくくなってしまいます。

実は髪もお肌と同じように、季節に合わせたケアをする必要があるんです!
そこで今回は、冬の髪をするんとまとまったツヤ髪に生まれ変わらせるヘアケアの方法をご紹介します。

冬の髪パサつきの原因は?

温度と湿度の低下

出典:pixabay.com

冬になると急激に気温と湿度が下がります。
冷たい風は髪や頭皮を冷やして、頭の血行を悪くしてしまいます。

そうすると血行不良と栄養不足で髪が細く抜けやすい状態に。
さらに乾燥した空気は髪と頭皮から水分を奪っていきます。
髪が乾燥してしまうことでカサカサになり、枝毛や切れ毛の原因に。

暖房による乾燥

寒いところから帰ってくると、すぐに暖房を入れて温まりたくなりますよね。

でも暖房の温風も髪や頭皮の乾燥の原因なんです!
部屋の空気を乾燥させると同時に、髪や頭皮からもどんどん水分を蒸発させて乾燥状態に。

クシによる静電気

前髪を分けたり、分け目を作ったりするのに便利なプラスチック製のクシ。
乾燥している髪にプラスチック製のクシを使ってしまうと摩擦によって静電気が起こりやすく、髪にダメージを与えて傷みの原因になってしまいます。

正しいヘアケア方法をマスターしたい!

正しい髪の洗い方

毎日髪を洗っているという方が大半だとは思うのですが、自己流の間違った洗い方をしていると、髪のパサつきの原因になってしまいます。
ここで一度、髪の洗い方を見直してみましょう!

①シャンプーを始める前に、まずヘアブラシでしっかりブラッシングしましょう。
そうすることで頭皮が刺激されて血行を促進したり、髪や頭皮に付いたフケやほこりを取り除いてくれます。

②ブラッシングが終わったら、頭全体をぬるま湯ですすぎましょう。シャンプーを付ける前に予洗いをしっかりすることで、髪と頭皮の汚れを8割くらい落とすことが出来て、シャンプーをする時の泡立ちがグンと良くなります。

③適量のシャンプーを手に取ったら、たっぷり泡立ててから髪全体に乗せます。
ゴシゴシこすらず、指の腹を使って優しく頭皮をマッサージするように洗っていきましょう。

④洗い終わったら、シャンプーを入念に流します。
頭皮にシャンプーが残ってしまうと、かゆみやニオイなどの原因になってしまうので注意!
洗髪の時よりも長い時間を掛けて、しっかりすすいでいきましょう。

ドライヤーでの正しい乾かし方

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR