肋骨をつかんでメリハリボディに!理想のウエストが手に入る簡単ダイエット

肋骨をつかんでメリハリボディに!理想のウエストが手に入る簡単ダイエット

2018年08月01日更新 yomogi 7794 view

どんなにバストトップがあっても、アンダーバストが閉まっていなければ、くびれのあるセクシーなボディにはならないですよね。でも、アンダーバストってどうやって引き締めるの?その答えは、呼吸法にありました。

まだまだ夏は終わらない!諦めないで!

「くびれがないから、ボディラインのでる服は着れない」というあなた。
このまま秋を待つつもりですか?そんなのもったいない!
今回はセクシーなくびれのあるボディラインができる、そんな呼吸法を紹介します。
今日から始めて、自信のもてるボディを目指しましょう。

肋骨が閉まるとアンダーバストも閉まる?

肋骨を開いたり閉めたりなんてできるの?と思うかもしれませんが、実は人の体では、呼吸をするときに無意識に肋骨を開いたり閉じたりしているんです。
しかし、年齢や姿勢の問題から、たいていの人が肋骨が開いた状態になっています。
そうすると、肋骨が開いた分横幅も増え、くびれのない寸胴ボディになってしまいます。
そこで、まずは肋骨を閉めるエクササイズを行いましょう。
肋骨が閉まると、その分アンダーバストも細くなりますよ。

上半身痩せの秘訣は呼吸法にあり!

肋骨閉め呼吸法

開いた肋骨を戻すために、肋骨を閉じてくれる効果がある呼吸法を取り入れてみましょう。

【やり方】
①左右の手で肋骨をしっかり掴みます。
②鼻から息をゆっくり吸います。このときに、掴んでいる肋骨が横にしっかり膨らんでいることを意識しましょう。
③そのまま掴んでいる手に力を入れ、肋骨を体の中心に向かって押すように締めます。
④その状態で口から息を吐き出します。肋骨が押されて閉まっていくのを意識しながら、ゆっくり息を吐ききって下さい。

これを3回繰り返します。
肋骨は折れやすい骨なので、力を入れすぎないように注意してくださいね。

ドローイン

ドローインとは、深く呼吸をすることでお腹をへこませる運動です。
お腹をへこませることで、お腹の周りの筋肉を鍛えてくびれを作ることができます。
夜、布団に入って寝る前にやってみましょう。

【やり方】
①鼻から息を吸って、お腹が膨らんでいることを意識し、その後ゆっくりと口から息を吐きながらお腹をへこませていきます。
②お腹をへこませた状態を30秒間キープしましょう。
このときに呼吸を止めてはいけません。

これを10セット行いましょう。

ドローインは、通勤中や仕事中、テレビを見ているとき、読書中、お風呂に入っているときなど、いつでもできます。
気がついたら常にやってみましょう。

今から理想のボディライン作りをしましょう!

肋骨閉め呼吸法とドローインでメリハリのあるボディラインを育てて、女子度をアップさせちゃいましょう。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

yomogi

最近雑誌の付録が可愛すぎて思わず買ってしまいます。