顔に老廃物を溜めない!小顔にするためのマッサージとは?

顔に老廃物を溜めない!小顔にするためのマッサージとは?

2018年10月05日更新 あーちゃん 105 view

顔がむくんでしまうと、太って見えてしまいますし、何かと厄介な問題です。そんな時には、リンパの流れをスムーズにして小顔に導く小顔マッサージがおすすめです。

顔がむくんでいる……

顔がむくんでしまうと、太って見えてしまいますし、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

むくみを解消するためには、小顔のためのフェイスマッサージをするのがポイントです。
ということで今回は小顔に効果的なマッサージを紹介します。

小顔を目指す「小田切式マッサージ」

小顔マッサージと言ってもいろいろな方法がありますが、今回は「小顔の達人」とも言われるヘアメイクアーティスト「小田切ヒロ」さんの考案した小顔マッサージを紹介します。

ワキから鎖骨まで、揉み上げる

顔がむくんでいるのは、リンパの流れが滞っていることが一因です。そのため、リンパの流れをスムーズにするためには、ワキから鎖骨部分のリンパ部分のマッサージをしましょう。

ワキから鎖骨に向かって少しずつ指を移動して、少し強めの力で押していくのがポイントです。

鎖骨から耳まで、揉みほぐす

鎖骨まで到達したら、今度はそこから耳まで揉みほぐしていきます。この時は指で押すのではなく、手で首横のお肉をつかむように揉みながら上げていきます。

これもポイントポイントで区切りながら、少しずつ上がっていくのが重要です。まんべんなく揉みほぐしていきましょう。

耳を指で挟んで、もみこむ

耳の下にたどり着いたら、耳の両側に人差し指と中指を置いて、少し強めの力を入れて押していきます。

この時も、少しずつ位置をずらしながら耳の上の方まで小刻みに押していきましょう。
しっかり押したら、今度は両耳をつまんで前後にぐるぐると回し、ほぐします。

エラ部分を手の甲の骨で、ぐりぐりほぐす

耳のマッサージが終わったら、今度はエラの部分二手の甲の骨を当ててぐりぐりと力を入れて刺激していきます。

ここの部分が凝っていると下膨れの顔になり、バランスが悪く見た目にも影響が出てしまうので、しっかりとほぐしてシュッとしたラインを作りましょう。

鼻から頬骨のあたりまで、もみほぐす

アゴのマッサージが終わったら、今度は鼻から頬骨にかけて人差し指の第二関節の骨でゆっくりと押していきます。

ポイントを小刻みに分けながら、軽く力を込めて少しずつ動かしていきます。

指の腹を使って、頭皮マッサージ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR