ついつい忘れがち…。自分も周りも気持ちがいい「挨拶女子」になれる習慣

ついつい忘れがち…。自分も周りも気持ちがいい「挨拶女子」になれる習慣

2018年01月04日更新 くたまんご 436 view

こんにちは!今日はみなさんは、どんな挨拶を誰にどのぐらいしましたか?挨拶は万事における物事のスタートです。この挨拶が自然にできている女性は、必ずといっていいほど好感度が高いです。どうすれば自然な挨拶女子になれるのか、CHECKしていきましょう。

当たり前のようでつい、忘れがちな「挨拶」

出典:01.gatag.net

当たり前のようでつい、忘れがちな「挨拶」。
おはようからおやすみまで、人は生きている限り「挨拶」で繋がります。
当たり前のことですが、この当たり前はついつい忘れてしまいがち。
特に、親しい人や身近な人に対しておざなりになることもしばしばありませんか?
でも、それじゃ素敵な女性には程遠いです。

「挨拶」はコミュニケーションの基本中の基本

挨拶はどんなコミュニケーションの前にも必要なコミュニケーションです。
家族、友だち、恋人、会社や学校などの関係者、そして無関係者でも、必ず挨拶から会話始まります。
つまり「挨拶」はコミュニケーションの基本中の基本、というわけです。

「挨拶」はその人の印象を決める

1日の始まりに明るく「おはよう!」と言える女性と、ぼそっと小さい声で「おはよう」という女性。
どちらが好感度が高いかなんて一目瞭然ですよね。たかが挨拶…と思い、おざなりにしていると、いつしかそれがあなたへの「印象」に繋がってしまいます。

「挨拶」がおざなりなのはただの「怠慢」

自力で雨が降らないようにすることはできませんが、挨拶の仕方は自力でいくらでも変更できます。
しようとしないのはただの怠慢です。

せっかく挨拶だけで好印象を手に入れることができるのに、それをしないのは勿体なくありませんか?
挨拶がスムーズにできる女性になれるヒントを紹介します。

自分から「挨拶」をする

挨拶される前に自分から挨拶をしてしまいましょう。
「おはようございます!」
「ありがとうございます!」
「失礼しました」
など、自分から積極的に挨拶をします。
それだけであなたが周りに与える印象がグッと変わってきます。

接する人には必ず挨拶を心掛ける

バスを降りる時、レジでお金を支払った後、誰かとぶつかった時、何かの管理人さんなど、密に接することがない人でも、自分が接する人には挨拶を心掛けてみて。

挨拶がクセづけば、あなたのコミュニケーション能力と人を引き付ける力も確実にUPします。

「挨拶」を惜しまないこと

二度と会うようなことがない人でも、気持ちよく挨拶を交わして終われば自分も相手も気持ちがいいものです。
挨拶は惜しまず、どんどん声に出していきましょう。
「あの子はいつも気持ちがいい挨拶ができるな」
「あの子は挨拶が丁寧だから仕事も丁寧だろうな」
など、挨拶の印象であなたを見る周りの目が変化していきます。

「挨拶」で人生を切り開け!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

くたまんご

よろしくお願いします。