厳しい残暑を乗り越える!夏バテの予防方法を教えて~!!

厳しい残暑を乗り越える!夏バテの予防方法を教えて~!!

2018年08月21日更新 くたまんご 47 view

立秋も過ぎ、暦の上では季節は「秋」。とはいえ8月後半~9月は残暑が厳しくて、まだまだ夏バテに悩まされる季節でもあります。夏後半を乗り切るために、夏バテの予防方法をまとめました!

「立秋」を過ぎても…暑い!

暦の上では「立秋」を過ぎたら季節は秋に移り変わりますが、8月後半~9月なんて夏本番といえるぐらいの暑さですよね。

厳しい残暑で夏バテを引きずってしまうと、季節の変わり目時には体が辛いことになってしまいます。

夏バテ予防方法をPick up!

しばらく続く残暑にも負けないためには、夏バテ予防が大切です。
そこで今日は、効果的な夏バテの予防方法をPick upしました。
今日から始められるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

〇冷えた体を温める

夏に体を温めるの?と驚いてしまうかもしれませんが、夏の体は思いのほか冷えているもの。冷たいものを摂りすぎていたり、冷房に当たりすぎて体の芯が冷えてしまっている状態です。

特に女性は指先やお尻など冷たくなっていることが多く、自律神経が乱れて心身ともにお疲れ…なんてことも多いです。

・入浴

そんな女性には入浴をおススメします。38~40度のぬるま湯でOKなので、常温水を飲みながらじっくり入浴をしましょう。
汗がじんわり出てくることを意識しながらお湯に浸かってみて。

夏だからこそ入浴は効果てきめんですよ!
ゆっくり入浴すれば、睡眠の質もUPします。

・ハーブティーを飲む

体を温める成分や疲労回復、自律神経を整えてくれるものなどを選ぶとGOOD。
お茶の代わりにこまめに飲むと、利尿効果も上がってむくみ解消にも繋がります。

マイボトルに入れてオフィスや学校でも飲むように心がけて。

〇食生活を見直す

暑い日が続くと、どうしても冷たいものや簡単なもので食事を済ませがち。
知らないうちに、内臓も"お疲れモード"かもしれません。

日々の食生活も少し意識するだけで、夏バテを予防することができますよ。

・ネバネバを取り入れる

@7rnii7がシェアした投稿 -

オクラ、納豆、めかぶ、とろろ、モロヘイヤやつるむらさきなど、ネバネバ系の食材を積極的に摂りましょう。

胃の粘膜保護や体の免疫強化に役立ってくれます。
疲労回復効果が高まり、夏バテもしっかり予防してくれます。

・飲料はなるべくミネラルと栄養価が豊富なものを選ぶ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

くたまんご

よろしくお願いします。