【1日3分】”おじぎ”をするだけで太ももが細くなる「おじぎ呼吸ダイエット」

【1日3分】”おじぎ”をするだけで太ももが細くなる「おじぎ呼吸ダイエット」

2016年08月19日更新 ぷりりん 4667 view

太ももの太さに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。ダイエットをしてもなかなか落ちてくれないのが太もものお肉。そんな太もものお肉は「おじぎ呼吸ダイエット」で細くしちゃいましょう。1日3分行えば太ももが細くなる”おじぎ”の仕方をご紹介するので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

誰もが悩む太ももの太さ

出典:weheartit.com

体の痩せない部位の中でも上位に食い込む太もも。
体重を落としても太ももの太さは変わらなかった、という経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。
そんな太ももは「ハムストリングス」を鍛えて細くしましょう。

ハムストリングスとは?

出典:yakusyuin.com

大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋を総称してハムストリングスといいいます。
ハムストリングスは足の後ろ側についています。

ハムストリングスを鍛えると、後姿を美しく見せたり、太ももをすっきり見せたり、小尻効果があったりします。

ハムストリングスを鍛えよう

出典:weheartit.com

ハムストリングスの鍛え方は簡単で、おじぎをして呼吸をするという「おじぎ呼吸ダイエット」をするだけでいいんです。
この「おじぎ呼吸ダイエット」をするときは、ハイヒールを履いて行うと効率よく鍛えることができます。
その理由は、ハイヒールを履いて背筋を伸ばすことで、両足のつま先を開いて背伸びをしている状態と同じ姿勢を作ることができるからです。
この姿勢を作ると、大腿筋から大腰筋が鍛えられて正しい姿勢がキープできるようになり、鍛えられるのです。

おじぎ呼吸ダイエット①

①正しい姿勢で立ちます。正しい姿勢がわからない場合は、壁に背中をくっつけて行いましょう。

②息を大きく吸い、みぞおちを意識しながら頭をゆっくり下げ、ゆっくり息を吐いていきます。

③息を吐ききるまで頭を下に下げていき、みぞおちをへこませます。

④息を吸いながら頭をゆっくり上げていきます。このとき、急に上げないように注意をしましょう。

⑤正しい姿勢に戻します。

おじぎ呼吸ダイエット②

①足とひざを揃えて椅子に浅く腰をかけ、息を大きく吸います。両手はひざの上に乗せておきましょう。

②ゆっくり息を吐きながら、みぞおちから体を曲げるようにして頭を下げ、息を吐ききります。

※頭がひざの位置より前に出ないように注意をしましょう。

おじぎ呼吸ダイエット③

①足とひざを揃えてしゃがみ、息を大きく吸います。両手はひざの上に乗せます。

②腕を交差するようにして膝を抱え、頭をひざに近づけるように体を丸めます。

③体を丸めたままの姿勢で、ゆっくり息を吐きながらみぞおちをへこませます。

出典:weheartit.com

おじぎ呼吸ダイエットは、1日3分程度を目安に行いましょう。
①を3分行っても①~③を1分ずつ行ってもOKです。

おじぎ呼吸ダイエットのポイントは、体を曲げるときに胸の下からおじぎをするようにし、みぞおちをグッとへこまして息を吐いていくことです。

ほっそりした太ももを手に入れちゃおう♡

出典:weheartit.com

1日3分「おじぎをして呼吸をする」だけで太ももが細くなるなんて嬉しいですよね。
ダイエットがあまり続かない方でも続けやすいと思うので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

ぷりりん

管理栄養士の資格を持っています★