疲れていても顔には出さない!忙しくてもキレイを保つ美容テクニック

疲れていても顔には出さない!忙しくてもキレイを保つ美容テクニック

2016年03月09日更新 miya 1963 view

口で「疲れた~」と言ってはいても、顔に疲れが滲み出ていたらショックですよね。どれだけ寝不足で疲れていても、美しさは損ないたくないと思うのが女性です。そこで今回は、忙しい時でも美しさを保つための美容法をご紹介します。

忙しい時だからこそ輝く女性でいたい!

忙しい時、疲れている時には、ついついブサイクな顔になってしまうもの。
顔色だけでなく、眉間にシワを寄せた不機嫌な表情を浮かべてしまうことも多いですよね。
でも、忙しい時も笑顔を忘れない女性って素敵だと思いませんか?
本当の美人はどんな時でも美しく輝いています。
忙しくてもキレイを維持して、本物の美人になっちゃいましょう。

メイクの前には〇〇をせよ!

出典:weheartit.com

寝不足の肌は乾燥しやすく、皮脂の分泌が増えてしまいます。
その結果、ベタベタ・テカテカな肌になってしまいがちです。
特に寝起きの顔は睡眠中に出た皮脂でドロドロです。
こんな状態でメイクをしても、すぐに化粧が剥げてしまいます。

出典:weheartit.com

メイクの前には必ず洗顔を行ないましょう。
水やぬるま湯で軽く洗うのではなく、石鹸や洗顔料を使ってしっかりと皮脂を洗い流すことで、化粧崩れを防ぐことができます。

そして、洗顔後は化粧水と乳液をしっかり塗ってください。
メイクの邪魔になるからといって、乳液をつけずにベースメイクを始める人がいますが、乳液を塗らなければ水分が肌からどんどん蒸発してしまいます。

ブスの原因・肩こりを防ぐには?

肩こりがひどいということは、肩の血行が悪くなっているということです。
肩は顔に近い位置にありますから、肩の血行が悪くなると顔の血の巡りも悪くなり、顔色が悪くなったり、顔がむくんだりしてしまいます。

出典:weheartit.com

肩こりは、同じ姿勢を長時間続けていることで起こりやすくなります。
最低でも1時間に一度は腕を回すストレッチを行なってください。
肩をグルグルと回すだけで、肩こりが楽になりますよ。

電子レンジで蒸しタオルを作って、肩こりがひどい部分を温めるのも良い手段です。

【蒸しタオルの作り方】
1.タオルを水で濡らし、絞ります。
2.水を絞ったタオルを丸めてロールケーキのようにします。
3.500ワットの電子レンジで約1分温めます。
4.タオルが温まったら、タオルを広げて冷まします。
5.適温になったら使用できます。

水を飲んでむくみを防止

むくみで顔や足がパンパンになってしまう女性の中には、「水をたくさん飲んでいるから、むくみがひどくなってる!」と考えて水分補給を制限する人もいますが、これは大きな間違いです。
むくみはリンパの流れが悪くなって、体の中に老廃物が溜まることで引き起こされます。

むくみを解消するためには、利尿作用があるカフェインやカリウムが入っている飲み物や食べ物を摂取して、水分をたくさん摂りましょう。
美容・健康の観点で、一日に推奨されている水分の摂取量は、2リットルとなっています。
食べ物から水分を摂取していることを考えても、最低でも1.5リットルは水分補給を行ないましょう。

毎日の入浴をリラックスタイムに

忙しい時は、なかなか自分の体のメンテナンスができません。
そんなときは、バスタイムに集中してメンテナンスを行ないましょう。
入浴は生活に組み込まれているので、どれだけ忙しくても忘れることはありませんよね。

出典:weheartit.com

入浴中にリラックスするなら、半身浴がオススメです。
肩まで浸かったほうが疲れが取れると考えている人もいますが、全身浴は体力を消耗します。
熱いお湯に全身を浸からせると、体温が上昇してカロリーが燃え始めるので、運動時と同じような状態になってしまうのです。

全身浴はダイエットには最適ですが、疲れを取るためには不向きな入浴方法といえるでしょう。
お風呂でリラックスしたいなら、ぬるいお湯に30分以上浸かる半身浴がいいですよ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR