そのスキンケアで大丈夫?自分の肌タイプを知って肌に合ったケアをしよう

そのスキンケアで大丈夫?自分の肌タイプを知って肌に合ったケアをしよう

2016年02月24日更新 あーちゃん 957 view

ニキビ、シミ、乾燥…お肌の悩みって尽きませんよね。一生懸命ケアしても、それが自分のお肌に合わない方法だと逆効果。そんなとき、あなたはどうしていますか?

自分の肌のこと、わかっていますか?

出典:weheartit.com

自分の肌質をきちんと理解していますか?
しっかりとケアしたつもりでも、自分の肌に合った方法でなければトラブルを引き起こしてしまうこともあります。

さまざまな肌タイプ

出典:weheartit.com

お肌のタイプは人それぞれ。
自分の肌のタイプはしっかりと把握しましょう。

オイリースキン

出典:weheartit.com

水分や油分が多く、常にしっとりしている肌です。
このタイプは乾燥しにくいですが、油分が肌に影響を与え、毛穴のつまりやニキビを引き起こしやすくなります。
この肌タイプの人は、多すぎる油分を拭い去るためにも、「ビタミンC誘導体」が配合された化粧水を選ぶといいでしょう。

ノーマルスキン

出典:weheartit.com

皮脂量も普通で水分もある、至ってノーマルなお肌。
肌トラブルは少ないため、どんな保湿でも大丈夫です。

ドライスキン

出典:weheartit.com

ドライスキンは、オイリースキンに対し、肌の水分や皮脂が少ないタイプです。
肌のつっぱりや、肌荒れを起こしやすいので注意が必要です。
乾燥肌のケアは、とにかく保湿が命。
保湿成分が含まれた化粧水を使うのはもちろん、水を積極的に摂取するなど、内側から潤いを与えていくことが大切です。

ドライ&オイリースキン

出典:weheartit.com

油分が多いのに乾燥もする、肌タイプの中では一番厄介なタイプかもしれません。
このタイプの人は全体的にしっかりした保湿をすると逆効果。
カサカサと乾燥する部分に集中してケアするようにしましょう。

センシティブスキン

出典:weheartit.com

敏感肌は、自分の肌に合わない化粧品だったりするとすぐにトラブルが起きてしまいます。
なるべく肌に負担をかけない化粧品を選び、化粧水も肌への刺激が少ないものにしましょう。

自分の肌と上手に付き合おう!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR