そのスキンケアで大丈夫?自分の肌タイプを知って肌に合ったケアをしよう

そのスキンケアで大丈夫?自分の肌タイプを知って肌に合ったケアをしよう

2018年06月03日更新 あーちゃん 1083 view

ニキビ、シミ、乾燥…お肌の悩みって尽きませんよね。一生懸命ケアしても、それが自分のお肌に合わない方法だと逆効果。そんなとき、あなたはどうしていますか?

自分の肌のこと、わかっていますか?

自分の肌質をきちんと理解していますか?
しっかりとケアしたつもりでも、自分の肌に合った方法でなければトラブルを引き起こしてしまうこともあります。

さまざまな肌タイプ

オイリースキン

水分や油分が多く、常にしっとりしている肌です。
このタイプは乾燥しにくいですが、油分が肌に影響を与え、毛穴のつまりやニキビを引き起こしやすくなります。

オイリー肌だからといって「保湿」をしないと、インナースキンが乾燥してより皮脂をだしてしまうことになります。
また、洗浄力の強すぎる洗顔料も皮脂を過剰に出すことにも。

・皮脂バランスをコントロールしてくれる
「ビタミンC誘導体」配合の化粧水で肌に水分を与えます。

・セラミドやヒアルロン酸などの、お肌の角質層にまで浸透する成分のものでしっかり保湿しましょう。

ドライスキン

ドライスキンは、オイリースキンに対し、肌の水分や皮脂が少ないタイプで、必要以上の洗顔やスクラブ洗顔などは肌に刺激を与え、肌のつっぱりや肌荒れを起こしやすいので注意が必要です。

ドライスキンの場合、肌にストレスをかけず保湿することが重要です。
・化粧水は質よりも量。たっぷりと使える化粧水で、コットンでつけるのではなく手で浸透させるように肌に馴染ませましょう。
・角質層まで保湿してくれる、セラミドやヒアルロン酸の成分が入った保湿液を使いましょう。

ドライ&オイリースキン

油分が多いのに乾燥もする、肌タイプの中では一番厄介なタイプかもしれません。
洗顔後も、つっぱり感があるのに部分的にテカリがある場合など、ドライ&オイリースキンの可能性が高いです。
ドライ&オイリースキン だと、肌表面はオイリーでも肌内部は乾燥していることがあります。

まず、オイリーにしてもドライにしても保湿は必要です。

・皮脂を取りつつ潤いは残すため、洗顔料は肌にやさしいタイプを使用して、泡で洗うようにしましょう。
・肌の内部深くまできちんと潤うような、保湿成分の高いものを選びましょう。

センシティブスキン(敏感肌)

敏感肌は、自分の肌に合わない化粧品だったりするとすぐにトラブルが起きてしまいます。
なるべく肌に負担をかけない化粧品を選び、化粧水も肌への刺激が少ないものにしましょう。

敏感肌は常に肌の水分が不足している状態です。
そのため、徹底的な保湿が重要になってきます。

・保湿成分が高めのスキンケアアイテムを使用しましょう。
・ピーリングや数種類のスキンケアアイテムをつけることは避けてシンプルなケアを心がけましょう。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR