ダイエット中でも食べてOK♡白米を体に吸収させにくくする裏ワザ大公開!

ダイエット中でも食べてOK♡白米を体に吸収させにくくする裏ワザ大公開!

2016年03月31日更新 momo 3746 view

炭水化物抜きダイエットを実践している人も多いと思います。でも、大好きなお米が食べられないのって、ちょっとストレスですよね?実は、食べ方にちょっと工夫をするだけで、ダイエット中でもご飯が食べられる方法があるんです!

ダイエット中でも冷やご飯はOK

出典:weheartit.com

炭水化物であるご飯はダイエットの大敵!
と思っている人も多いですよね?

でも!
冷えたご飯ならダイエット中でも食べていいんです!
驚きの発見ですよね。

レジスタントスターチが痩せ効果を発揮

出典:weheartit.com

炊き立てのご飯には粘りがあります。
この粘りはでんぷんによるもので、これがあるからご飯が美味しいと感じるんです。

しかし、でんぷんは冷えるとレジスタントスターチという成分に変わっていきます。
粘り気の少ないものになるんです。

出典:weheartit.com

レジスタントスターチは別名「難消化性でんぷん」と呼ばれています。
この成分は消化や吸収がされにくく、食物繊維と似たような働きをするため、冷やご飯を食べると余分な脂質や糖分を体の外に排出してくれる効果が期待されているんです。

レジスタントスターチの摂取方法

出典:ink361.com

温かいご飯に含まれているでんぷんは、冷えるとレジスタントスターチになります。
しかし、ご飯を温め直すとでんぷんに戻ってしまいます。

そのため、炊いたご飯は冷やして、温め直さずにそのまま食べるとgoodです。

また、でんぷんが含まれるじゃがいもや豆も、冷えるとでんぷんからレジスタントスターチに変わります。
冷やご飯と同じような効果が得られるんです!

冷やご飯レシピ

炊いたご飯をおにぎりにし、冷ましてから食べると、冷やご飯を食べているという感覚はしないのでおすすめです。
たくさんおにぎりを作っておいて、翌日に食べるのもアリですよ!

冷やご飯を冷やし茶漬けにするのも美味しいんです♡
暑い日には冷やご飯に冷たいダシをかけて食べてみてください。

じゃがいも&豆レシピ

茹でたじゃがいもや豆は、冷やしてサラダにして食べるのが1番のおすすめの食べ方です。
とっても簡単ですよね。

煮物などにして、冷蔵庫で冷やしたものを食べるのも、もちろん◎

ダイエット中でも炭水化物の我慢ナシ

これからは、炭水化物を摂りながらダイエット♡

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

momo

美味しいものだいすき♡