ずぼらさん必見☆簡単ダイエットでマイナス3kgをめざそう!

ずぼらさん必見☆簡単ダイエットでマイナス3kgをめざそう!

2017年05月31日更新 c_nini 6162 view

いろいろなダイエットを繰り返しているけど失敗ばかり…。運動や食事制限せずに、楽して痩せた〜い!そんなずぼらさんにおすすめのダイエット方法をご紹介します。無理しない楽ちんダイエットでマイナス3kgをめざしませんか?

ダイエットに向いてない?

運動嫌いで食事制限もしたくない、そんな私にダイエットは無理かも…と、お嘆きのあなた。あきらめないでください!
ダイエットに失敗した人は、成功した人よりも圧倒的に多いのが現実。
その理由は、自分に合ったダイエットをしていないからなんです。

もともと運動が嫌いな人が、痩せるためとはいえエクササイズや筋トレを続けるのって、かなりハードル高いですよね。

まずは簡単に痩せられる方法を試してみましょう!

ダイエットの主な失敗例

過度な食事制限は挫折の元

〇〇だけダイエット、〇〇抜きダイエットなど、一つのものを食べ続けたり、逆に食べなかったり。そんなダイエット方法はかなり我慢が必要になります。
ストレスを伴うダイエットは挫折してしまう可能性大。
仮にやせられたとしても、栄養が偏ってしまったことによりリバウンドしやすい体になっていることも!
ダイエット中だからこそ、栄養バランスが重要なんです。

「運動してるから」が油断を招く

運動をしていると少しくらい食べても大丈夫という油断を招くことがあります。
でも、運動で消費できるカロリーがどのくらいか知っていますか?

例えばウォーキング。
体重50kgの人が普通の速度で1時間歩いたとして、消費できるカロリーは200kcal足らず。
これはご飯1杯分のカロリーとほぼ同じ。

うっかり甘いものを食べようものなら、運動が無駄になるだけでなく、さらに太ってしまうことになりかねないのです。

やせるなら普段の生活を見直すべし!

太る理由の一つは「摂取カロリーが消費カロリーより多い」からです。

では、どうすればいいのか?
答えは簡単!普段の食事や生活を見直せばいいのです。
前述の例にもあるように、1時間のウォーキング(消費)とご飯1杯(摂取)が同じカロリーなら、ご飯を我慢するほうが簡単ですよね。

まずは楽に続けることを意識してみましょう。

食事は量より食べ方がポイント

「ダイエット=量を減らす」と思いがちですが、食べ方を変えるだけで痩せやすくなるんです。

まずは食べる順番に気をつけて。
食事によって血糖値が急激に上がるとインシュリンが分泌され、余った糖分を脂肪に変えてしまいます。

野菜から食べれば血糖値の上昇がゆるやかになり、脂肪がつくのを抑えてくれます。

野菜→汁物→肉・魚(タンパク質)→ご飯(炭水化物)の順に食べるのが理想。
よく噛んで食べることもお忘れなく!

食事は規則正しく、間食はしない

食事の間隔が空きすぎたり、摂取カロリーが少なすぎたりすると、脳が飢餓状態だと認識してエネルギーを消費しにくく、脂肪を溜めやすい体になってしまいます。
規則正しい食事で脂肪が溜まりにくいサイクルを作りましょう。

間食はしないのが基本です。
どうしても、という時はガムがおすすめ。噛むことで満腹中枢が刺激されるだけでなく、アゴの筋肉が鍛えられて小顔効果も。
ミント系の味なら食欲も抑えてくれますよ。

朝・昼・夜のウエイトを意識して

体のエネルギー源は主にブドウ糖(炭水化物)です。
これが消費されて不足すると脂肪を燃焼してエネルギーになります。
なので、朝は炭水化物、昼はタンパク質、夜は野菜を中心にした食事にすると、寝るまでにブドウ糖を使いきり、寝ている間の基礎代謝には脂肪を燃やしてエネルギーとして消費することができるのです。

食べる量も大切。活動量の多い朝・昼のウエイトを大きく、夜は控えめを意識しましょう。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR