「いいね」がたくさんもらえちゃう!インスタに載せたい、料理を美味しそうに見せる8つの極意!

「いいね」がたくさんもらえちゃう!インスタに載せたい、料理を美味しそうに見せる8つの極意!

2017年04月07日更新 あーちゃん 1100 view

ご飯を食べるのが大好きで、美味しいものはたくさんの人にその魅力を伝えたい!という人も多いと思います。しかし、料理の魅力をきちんと表現することができなければ、その魅力は半分しか伝わらないかもしれません。

美味しいものの感動をきちんと伝えたい!

美味しいお店を見つけたら、何度も通いたくなってしまいますよね!それに人におすすめしたくなったりもするものです。
そんな時にはインスタグラムなどのSNSを使うのがおすすめです。

料理の魅力が伝わる写真の撮り方

SNSで食べた料理の写真をアップしても、美味しそうに見えなければ人にその感動は伝わりません。
いつも美味しそうな写真をあげている人は、それなりにテクニックを心得ているのです。
では、料理を美味しそうに撮るには、どうすればいいのでしょうか?

①自然光を当てる

料理を綺麗に写すためには、何と言っても「光」が重要!!

暗いところで撮った写真では、料理もくすんでしまいますし、色が悪くて美味しそうに見えません。
料理を美味しそうに見せるためには、自然光を当てて撮影するのがポイントです。
自然光が当たると、食品のツヤや光沢感、照りなどが綺麗に表現できます。
蛍光灯や照明の光でもいいのですが、どこか人工的な感じがしてしまうので、やはり「自然光」がおすすめです。

②料理はあえて端に寄せる

美味しい料理はしっかり全部写したい!と真ん中に料理を配置して上から全体が入るように撮影している人も多いでしょう。
もちろん、料理全体が写っていた方がまとまりはありますが、おしゃれな写真にはなりません。
料理は、あえて端に寄せて撮ることで、立体感が生まれます。

また、被写体となる料理をアップで撮ることで量も多く見え、より綺麗に写せるのです。

③食器も一緒に写す

料理を単体で写している人が多くいますが、それだとただの「モノ」でしかありません。
料理をより美味しそうに見せるためには、「食べるための食器」であるスプーンやフォーク、箸などを一緒に撮影することが大切です。
食器が写っていることで、「これから食べる」という臨場感を表現できるので、見ている方も「美味しそう……」と感じやすくなるのです。

④食器で少し料理をすくってみる

aさん(@ayameal)がシェアした投稿 -

綺麗に配膳された料理というのは、確かに見た目が美しく、芸術的ではあります。
しかし、それだけでは「食べたい!」という衝動までは抱けないのではないでしょうか。

見た人により美味しそうな感じを伝えるためには、料理を一部すくってみせるというテクニックが効果的です。
パスタの麺をフォークに巻き取って少し持ち上げると、「これから食べる!」という臨場感が伝わりやすくなります。

⑤メインにしたい料理以外はぼかす

たくさんの料理が写っていると、量が多くてお腹いっぱいになりそうな感じは伝わりますが、どの料理に着目してみたらいいのかわからなくなります。

料理を複数写したい場合には、一押しの料理を手前に配置してピントを合わせ、奥の料理には少しぼかしを入れましょう。
こうすることで奥行が出ますし、一番おすすめしたい料理がくっきりと立体的に見えるので、より美味しそうに感じられます。

⑥料理は斜め45度の角度で撮る

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR