太って見えるし、老けて見える!二重あごの顔のむくみの解消法!

太って見えるし、老けて見える!二重あごの顔のむくみの解消法!

2019年03月14日更新 あーちゃん 490 view

あごの部分がたるんでいると顔が大きく見えてしまいますし、何より二重顎などになって太ってしまうので悩んでしまいますよね。そんな時は、むくみや二重あご改善の方法を試してみましょう!

顔がむくんで見える……

なんだか顔がむくんでいる……と鏡を見てぎょっとしたことはありませんか?
顔がむくんでしまうとどうしても大きく見えてしまいますし、スタイルも悪く見えてしまうので悲しいものです。

あごのたるみの原因とは?

あごのたるみができると、つい目を背けたくなってしまいますが、これは原因を探らない限り解消することはできません。

では、顔のむくみの原因とはどのようなものがあるのでしょうか。

筋力の低下

あごの周辺には「オトガイ筋」という筋肉がありますが、これがあごを持ち上げるのに働くものです。
しかし、ここの筋肉が衰えてしまうと、なかなか顔がたるんでしまうのです。

また、オトガイ筋が衰えることで周辺のリンパのながらも滞るので、より一層むくみやすくなってしまいます。

皮下脂肪によるもの

あごのたるみが起こるのは、比較的太っている人に多い傾向があります。この理由として考えられるのが、皮下脂肪の増加です。

皮下脂肪が増えるとリンパの流れが悪くなるので、セルライトなども増えやすくなり、顔がむくみやすくなるので気をつけなければなりません。

噛み合わせや噛みぐせ

あごがたるむのは、噛み合わせや噛み癖による原因も考えられます。

脂肪を増やさないように努力していても、あごの関節がゆがんでいたり片方の派手ばかり噛んでいると二重あごやたるみを引き起こしやすくなるので、気をつけなければなりません。

二重あごやむくみの解消法

二重あごやむくみで顔がたるんでしまうと、悲しいものですし、なんとか解消したいですよね。

では、顔のたるみをケアするためにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。

舌回し運動

あご周りの筋肉を鍛えるのに有効なのが「舌回しエクササイズ」です。
口を閉じて舌を歯と唇の間に入れたら、そのまま歯茎に沿ってぐるっと舌を回していきます。

1周あたり2〜3秒ほどの時間をかけてゆっくりと行い、左右を20回ずつ行うと、口周りの筋肉が鍛えられている感覚を覚えることができるはずです。

オトガイ筋のエクササイズ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR