一点投入で印象up。赤色アイテムでドキッとさせるスタイルの作り方♡

一点投入で印象up。赤色アイテムでドキッとさせるスタイルの作り方♡

2017年02月21日更新 misato 906 view

差し色の定番カラーとして人気なのが”赤”。ひとつアイテムを投入するだけで、地味になりがちなモノトーンコーデや、アースカラーでまとめたスタイルが一気に華やかになりますよね。実は赤には心理的にも特徴のある色なんです。そんな赤色を効果的に使うことで、印象upも狙えるかも!今回はそんな赤色を一点投入するコツと、おすすめのコーディネートをご紹介します。

差し色といえばこれ。赤色アイテムで印象的なスタイルに。

モノトーンやアースカラーのスタイルに+する定番の差し色と言えば赤色をイメージする方も多いのではないでしょうか?
印象的な色で、ひとつ取り入れるだけでもがらりとイメージが変わる赤色。
地味になりがちなコーディネートを華やかにしたいとき、印象的な女性になりたいときに、赤色のアイテムを使ってみませんか?

”赤”の効果って?

赤色は心理的にも特徴のあるカラーのひとつ。

例えば赤は光の波長が長く、他の色よりも目を引く色でもあります。
また、赤色が人に与える効果としては
・血圧や脈拍を上昇させる
・積極的にさせる
・欲望を刺激する
など。
見る人に強い効果があるカラーと言えますよね。
そのため、人に強い印象を与えたいとき、仕事や恋愛で勝負したいときに赤色をあえて身に着けるという方も多いんです。

そんな赤色を使ったコーディネートで印象的な女性になってみませんか?

どう取り入れる?赤色アイテムの使い方

トップスで顔映えコーデに。

トップスに赤を使うことで、顔色を良く見せてくれます。
また人の視線を上に持ってくることが出来るので、スタイルよく見せる効果も期待できそう。
相性のいいデニムや、ブラック、ホワイト、ベージュなどのベーシックカラーを合わせてすっきりと着こなすと大人っぽい印象に。

赤色のタートルニットに、相性のいいネイビーのサロペットを合わせたスタイル。
サロペットで面積を減らせば、さりげなく赤色を取り入れられますね。

赤色のニットにブラックのタイトスカートを合わせたスタイル。
すらりとしたIラインコーデと、目線を上にあげる赤色のトップスの効果で、着膨れしがちな冬コーデもすっきり見せられます。

レトロなひざ丈スカートと、赤色のトップスを合わせたクラシカルなスタイル。
赤のトップスの効果で顔色もぱっと明るく見えます。

ワンピースでドラマティックに。

面積の広いワンピースは、着るだけでぐっと華やかな印象になります。
あまりタイトなワンピースではなく、カジュアルに着こなせるゆったりとしたタイプがおすすめです。
足元はシンプルに、一枚でさらりときるのがポイント。

ゆったりとした赤色のワンピースは、どこか外国の少女のようなピュアな雰囲気で着こなしたいアイテム。
ホワイトの小物でガーリーに仕上げて。

オーバーサイズのワンピースは一枚でさらりと着るのがおしゃれ。
フラットシューズの抜け感も素敵ですが、ヒールブーツを合わせるとモード感たっぷりに着こなせそう。

赤と相性のいいデニムジャケットを合わせたコーデ。
春にぴったりな華やかなスタイルですよね。
同色系のスカーフを合わせてレトロなポイントに。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

misato

いろんな美容法を実践しています♡