髪のダメージは顔の5倍!プールや海に行った日の特別ヘアケア

髪のダメージは顔の5倍!プールや海に行った日の特別ヘアケア

2018年08月06日更新 あーちゃん 63 view

夏になるとバーベキューや海水浴など、アウトドアを楽しみたいという人もいるでしょう。そのようなときには、素肌だけでなく髪の日焼け対策もしっかり行うことが大切です。

紫外線によるダメージが気になる

紫外線を浴びると素肌にシミなどのトラブルが起こりやすくなってしまうので、気をつけなければなりません。

紫外線によるダメージは老化の原因の8割とも言われているので、しっかり対策しましょう。

髪の日焼け対策

肌の日焼け止めばかりに力を入れている人も多いと思いますが、最も注意すべきは髪です。

髪は顔の5倍も紫外線によるダメージがかかりやすいとされているので、徹底的なケアが大切です。

日焼け止めスプレーを使う

ayumiさん(@aym.1103)がシェアした投稿 -

髪の日焼け対策には、専用のスプレーを使うのが一番効率的です。

日焼け止め成分が配合されているので、髪をきれいにコーティングしてダメージを抑えることができます。
アウトドア派で出かける機会が多いという場合には、バッグの中に一つ入れておくといいでしょう。

日傘・帽子をかぶる

Lavish Gateさん(@lavishgate)がシェアした投稿 -

紫外線をシャットアウトするためには、帽子や日傘をさすのもおすすめです。
帽子を使う際には髪をまとめて帽子の中に入れることで全体のダメージを軽減することができます。

また、日傘を選ぶ際には、紫外線カット率が100%に近いものを選びましょう。

髪の分け目を変える

いつも髪の分け目が一緒だと、同じ部分だけに紫外線が当たってダメージが増えてしまうので、分け目を定期的に変えてケアをしていくといいでしょう。

1日ごとに髪の分け目を変えるだけでも、ダメージを分散させることができるので負担を抑えることができます。

日焼けした日のアフターケア

髪の日焼けは対策を行うことである程度ケアすることはできますが、それでも完全に防ぎきることはできません。

そのため、レジャーなどで髪が日焼けした感じる日には、きちんとアフターケアをすることが大切です。

日焼けケアに効果的な食品をとる

日焼けをしたと感じる日には、内側からケアをしていくことも大切です。

トマトやスイカに含まれる「リコピン」には抗酸化作用があるので、紫外線によって増える活性酸素の働きを抑えることができます。

活性酸素は細胞を攻撃して体を老化させてしまうので、日焼け対策に効果的な食品をとってしっかりケアしていきましょう。

保湿力のあるシャンプー・トリートメントを使う

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR