1度は試してみるべき!スペイン風フレンチトースト「トリハス」はヤミツキになる味♡

1度は試してみるべき!スペイン風フレンチトースト「トリハス」はヤミツキになる味♡

2016年03月12日更新 misato 1359 view

トリハス”Torrijas”ってご存知ですか?スペイン風のフレンチトースト、トリハスは、今人気がじわじわ高まっているスイーツのひとつ。デザートにも食事にも様々なアレンジが出来るトリハスは、ちょっと大人の味がたまらないんです。そんなトリハスの基本のレシピやおすすめアレンジなどをご紹介していきます。

トリハス”Torrjas”って?

"Torrijas"=トリハスとは、牛乳とスパイスや蜂蜜の入ったワインに浸して火を通したパンのことです。
スペイン風のフレンチトーストといったところでしょうか。
近年のバル、スペイン風居酒屋の人気もあり、日本でもスペイン料理が周知されてきた中で、トリハスは新たに登場したスペインの味として注目されているスイーツなんです。

一般的にフレンチトーストは卵と牛乳、砂糖などで作ったシンプルなものが基本ですが、トリハスはお酒やシナモンなどのスパイスをふんだんに使ったちょっと大人な味わい。
カリカリでジューシーな食感もたまらないんです。

スペインの定番スイーツ、トリハス

トリハスは、スペインの家庭で食べきれず固くなってしまったバゲットを美味しく食べるために考えられたスイーツです。
乾燥してしまったバゲットにジューシーな卵液をくぐらせてかりっと焼き上げたトリハスは、スペインの家庭の工夫が詰まったレシピです。
またスペインでは、セマナサンタ(聖週間=イースターまでの一週間)にトリハスを食べる習慣も。
スペインの人々の生活の中で食べられてきたスイーツなんですね。

おやつに、ご飯に、アレンジ自在

トリハスはアレンジが自在に出来るのも人気の秘密。

はちみつや砂糖をふんだんに使うことで、スパイスのきいたジューシーなスイーツに。
また、砂糖を控えめにしてスパイスを上手に使えば、ワインのお供にぴったりなおつまみにもなります。
スパイスや洋酒がたっぷりしみ込んだトリハスは、フレンチトーストにはない大人な味わいで、やめられない一品になること間違いなし。
そんな魅力たっぷりなトリハスは、作り方も簡単なんです。

▷トリハスの基本レシピ

トリハスの基本の材料は、

・パン(バゲットや黒パンなどがベター)4切れ
・牛乳 300cc
・卵 1個
・砂糖 大さじ2
・白ワイン(風味付け。他の洋酒でも◎) 少々
・はちみつ 少々
・スパイス(シナモン、粗挽き胡椒などお好みで) 適量
・オリーブオイル 大さじ2

パンをスライス

出典:ja.myecom.net

やわらかい食パンでも美味しく出来ますが、特に黒パンや固めのバゲットなどがおすすめ。

1.5センチくらいにスライスすれば軽いカリッとした仕上がりに。2~3センチの厚めだとジューシーに焼き上がります。
お好みで色々試してみるのも◎

牛乳やスパイスを入れた液に浸して

出典:cookpad.com

まず、牛乳、砂糖、白ワイン、はちみつ、スパイスを合わせた液にパンを浸します。
しっかり中まで染みるようにときどきひっくり返しながら浸けておきましょう。

普通の作り方ではそのままのパンを浸しますが、焼いたパンを使うとまた異なる食感も楽しめます。

卵を絡める

出典:cookpad.com

フレンチトーストとの違いはここにも。
先に卵液を作って浸すフレンチトーストと異なり、トリハスは後で卵を表面に絡めるんです。
表面を卵でコーティングすることで、外側はカリッと、中はジューシーな食感が楽しめます。
トリハスの食感の秘密はここにあったんですね。

オリーブオイルで揚げ焼きに

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

misato

いろんな美容法を実践しています♡