朝のメイクを1日中キープ!”化粧崩れ知らず”の肌を作る3つのテクニック

朝のメイクを1日中キープ!”化粧崩れ知らず”の肌を作る3つのテクニック

2015年08月10日更新 ペリドット 7180 view

朝気合を入れてメイクをしたのに、気づいたらメイクが崩れていて残念な顔に…。そんなことってよくありませんか?メイク崩れ知らずになるためにはちょっとしたコツがいるんです。そのポイントをご紹介します。

1日中かわいい顔を保ちたい!

出典:weheartit.com

朝メイクをしたときの状態が1日中続かない。
いつもメイクが崩れて残念な顔に…。
本当は1日中朝のメイクのままでいたいのに!

1日中メイクが崩れないようにするためには、メイク崩れの原因を知って、その対策をすることが大切なんです。

メイクが崩れる原因

出典:weheartit.com

メイクが崩れる原因は「乾燥」です。
夏場のエアコンや冬場のヒーター、クレンジングや洗顔のやり過ぎなど、様々な要因で肌が乾燥してしまいます。

乾燥による化粧崩れを防ぐためのメイクのやり方をチェックしてみましょう。

ベースメイクの崩れを防止する方法

STEP1.化粧水をつけてから乳液をつける

出典:weheartit.com

洗顔後、化粧水をつけたら乳液をつけます。

乳液をつけた後がポイントで、乳液をつけたら3分程度おきましょう。
乳液をつけてすぐに下地をするのはNGです。

STEP2.3分経ったら下地をつける

出典:weheartit.com

乳液をつけて3分経ったら下地をつけましょう。
下地をつけたらファンデのノリや持ちがよくなるので、必ずつけるようにしてください。
そして、下地をつけたら再び3分程度おきます。

STEP3.3分経ったらファンデを塗る

出典:weheartit.com

下地をつけて3分経ったらファンデを塗っていきましょう。
乳液の後と下地の後に時間をおくだけで化粧崩れを防ぐことがきます。

化粧崩れを防ぐためのポイント

POINT1.スキンケアはしっかり肌に馴染ませる

出典:weheartit.com

化粧水をつけたら手でしっかり押さえて馴染ませます。
乳液も同じです。
化粧水や乳液が肌にしっかり馴染むように意識しながら行いましょう。

化粧水や乳液が肌に浸透していないと、ファンデがよれる原因になってしまいます。

POINT2.Tゾーンに乳液をつけすぎないようにする

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

ペリドット

よろしくお願いします。