劇的に変わる!セルフネイルを長持ちさせるhow to♡

劇的に変わる!セルフネイルを長持ちさせるhow to♡

2018年08月03日更新 gomapari 880 view

セルフネイルは自分が好きな時に出来る気軽さが良いのですが、なかなか持ちが悪いのが難点ではないでしょうか。ネイルサロンに行くより断然コスパが良いので、どうにかセルフで長持ちさせたいですよね。 今回は必見!セルフだって長持ちできる!その方法をまとめてみたのでご紹介します。 コツをおさえてネイルライフを楽しみましょう!

セルフネイルは好きだけど”もち”が心配・・・

出典:girlydrop.com

セルフネイルって自分のイメージどおりに、好きなように塗れるから楽しいですよね。
セルフネイルが好きな人は塗ってる工程にハマッてる、という人も多いかも。

でもせっかくキレイに塗れたのに、すぐボロボロ剥がれてきたら悲しいです。
いったいどうしたらセルフネイルでも長持ちするんでしょうか?

今日はそんなhow toをお教えします。

セルフネイルは”下準備が命”

まず、マニキュアでもジェルネイルでも最初の下準備はとても大事です。

下準備をしっかりすれば仕上がりも綺麗ですし、仕上がりが綺麗だと指先を大切に扱うので持ちも良くなります。

1)爪の形を綺麗に整える

爪を切る時は爪切りではなくヤスリを使用することをおすすめします。

爪切りで切った時の自爪への衝撃は結構なもので、お爪が薄い方であれば二枚爪になることもあります。
時間がかかって大変かもしれませんが、ヤスリで整えましょう。

2)甘皮を処理する

甘皮の処理は見た目が良くなる事の他に、マニキュアやジェルを格段に塗りやすくしてくれます。
特にジェルネイルをされる場合はこの甘皮処理がとても大事になってきます。

甘皮周りには薄いルースキューティクル(爪上皮角質)が張り付いており、しっかり取り除かなければリフト(ジェルの浮き)の原因になります。
「ジェルをしてもすぐ剥がれる」という方はこの作業がしっかりと行われていない可能性があります。

甘皮処理はキューティクルニッパーやガーゼを使って行いますが、甘皮は爪と皮膚の間に雑菌等が侵入してしまうのを防ぐ働きがあるためやり過ぎてはいけません。

甘皮を攻めて切り過ぎると、生えてこなくなる場合もあるため注意してください。

3)爪の表面を磨く

バッファーを使って表面を整えます。
こうする事でマニキュアがサラサラと塗りやすくなります。
しかし、やり過ぎてしまうと爪が薄くなるため軽く擦りましょう。

マニキュアの持ちを良くするポイント

面倒でもベースコートは必ず!

ベースコートは下地の役割を果たしてくれます。
カラーの密着性を高め、発色も良くしてくれます。
さらに、マニキュアのカラー沈着を防ぎ爪を保護してくれます。

カラーは厚塗りにならないように!

カラーは基本的に2度塗りをしますが、厚塗りをし過ぎないようにしましょう。
厚塗りをすると傷や気泡が入りやすくなり、返って仕上がりや持ちにも影響します。

1回目が乾いてから2回目を塗るとよれる心配もいりません。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

gomapari

よろしくお願いします。