筋トレ初心者におすすめ!2日に1回でOKの「スロートレーニング」で美ボディを手に入れよう

筋トレ初心者におすすめ!2日に1回でOKの「スロートレーニング」で美ボディを手に入れよう

2016年01月07日更新 sayakayamamoto_ 4251 view

年末が近づくにつれて体のラインがだらしなくなってきていませんか?来年からは絶対に筋トレをやる!と決意する人も多いのではないでしょうか?でも、筋トレって何をしたらいいのか、どう効くのかよくわからないですよね?そんなあなたにおすすめしたいのが、「スロートレーニング」です。

激しい運動は無理!でもキレイなボディラインを作りたい!

出典:weheartit.com

年末年始は美味しいものを食べる機会がいっぱい。
気づけば服を着たときに違和感が…。

これは大変、筋トレをしなきゃ。
でも、きつい運動は苦手だし、ちゃんと効く方法で手っ取り早く痩せたい。

そんな女性のワガママを叶える方法があるんです。
それが「スロートレーニング」。

スロートレーニングって?

出典:weheartit.com

スロートレーニングとは、名前の通り、ゆっくり行う筋力トレーニングです。
普通の筋トレよりも小さい負担を筋肉にゆっくりとかけ続けることによって筋肉を鍛える方法で、必要な筋肉を効率よくつけることができます。

スロートレーニングの特徴

出典:weheartit.com

スロートレーニングは、毎日しなくてもいいんです。
筋肉をトレーニングして鍛えるには、筋肉に溜まった疲労を回復するための休息時間が必要です。
毎日筋肉を鍛え続けても疲労が溜まる一方で、なかなか筋肉が鍛えられません。

そのため、スロートレーニングは毎日行う必要がなく、中1日程度の休憩をはさんでトレーニングすることで、より効果的に筋肉をつけることができます。

出典:weheartit.com

効果がなかなか実感できなかったら続けにくいダイエットですが、スロートレーニングは1~3ヶ月で効果を実感できるので、もっと引き締めたい!という気持ちを持続させやすいんです。

スロートレーニングのやり方

出典:weheartit.com

一つの動作に5~10秒かけてゆっくり行うのがスロートレーニングです。
それを5~10セットきつくなるまで行うのが理想的です。

腹筋

出典:weheartit.com

床に長座した状態で上半身をやや後ろへ倒し、伸ばした足を床から少し上げた状態がスタートポジション。
あとは、ゆっくり膝を曲げて胸に近づけて、そしてまたゆっくりと膝を伸ばすを繰り返します。

初めてする方には少し辛いかもしれませんが、まずは回数を少なくして始めてみましょう。
ちなみに、固い床の上で行うと尾てい骨が当たってお尻が痛くなるので、お尻の下にクッションなどを敷いて行うのがおすすめです。

スクワット

出典:weheartit.com

足を大きく広げて立って、つま先は外へ向け、腕組みをした状態がスタートポジション。
あとは、ゆっくり腰を落として、そして上げるを繰り返します。

スクワットは下半身の筋肉を鍛えるだけじゃなく、むくみなども解消できます。

プッシュアップ(腕立て伏せ)

出典:weheartit.com

通常の腕立て伏せのポーズをとり、両膝を床につけた状態がスタートポジション。
あとは、ゆっくり腕立て伏せを繰り返していきます。

ポイントは、腕を伸ばしたときに肘を完全に伸ばしきらないこと。
こうすることで、胸や腕の筋肉に負荷をかけ続けられるので、効果的にトレーニングできます。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR