今日から先輩な私!今までより気をつけること5箇条

今日から先輩な私!今までより気をつけること5箇条

2018年03月31日更新 くたまんご 79 view

社会人生活にも少し慣れてきた2~3年目の女性も、この春で先輩になる!というケースも多いのではないでしょうか。先輩になるうえで、改めて気を付けておきたいことが7つあります。今日は一緒に7箇条を確認して、素敵な先輩を目指しましょう♪

ついに先輩になる!知っておきたい5箇条とは

春は新しい人員や新社会人も増えて、自分が先輩になるケースも多いですよね。「
私も今日から先輩だ!」なんてウキウキドキドキしている女性に、ぜひ知っておいてほしい7箇条があります。

これを知らないと、後輩から「ダメな先輩」認定されるかも!?
さっそくCHECKしていきましょう!

1.当たり前のことを見直す

挨拶や声かけはもちろんのこと
・遅刻欠勤はないか
・正しい言葉遣いで会話ができているか
・ビジネスマナーは間違っていないかなど

当たり前のことを当たり前にできているかどうか、再度見直しましょう。
意外に慣れて忘れてしまっている部分も多いので、要注意です。

2.デスク周りを整理する

忙しいと書類やファイルが山積みで、ペンが散乱…なんてことがあるかもしれませんが、それでは後輩にいい姿勢は見せられません。

自分のデスク周りの環境が整っているか、どうすれば効率よく仕事ができるか、改めて整理整頓を行いましょう。
この時、後輩指導に役立つ資料やファイルもひとまとめにしておくと○。

3.偉そうにしない

後輩が入ってくると、どうしても先輩風を吹かせたり、威厳を見せたくて偉そうにしてしまったり、恰好を付けたくなってしまうもの。

確かにアナタは先輩になりますが、偉そうにする必要はありません。
むしろそんな態度は後輩から嫌われてしまうだけなので、自分のスタンスは崩さず、むしろ丁寧に対応するよう心がけましょう。

4.自分の先輩と自分の関係を強固にしておく

後輩ができたらその分仕事や悩みも増えていきます。
そんな悩みを一番分かってくれるのは、自分を指導してくれた先輩です。

直接指導された先輩以外にも、自分の仕事の悩みを打ち明けられる先輩がいれば、より関係性をよいものにしておきましょう!
後輩指導のアドバイスなどをスムーズにもらうことができますよ。

5.笑顔で接する

仏頂面の先輩や、不機嫌そうな先輩は後輩からしたら怖くてとっつきにくい先輩になります。
先輩だろうが後輩だろうがいつも笑顔でニコニコ対応してくれる人間は信頼を得やすいです。
後輩が話しかけやすい雰囲気を作るのも先輩の役目ですよね。

肩肘はらずに、あなたらしい先輩像を目指そう!

新人というだけで、緊張する時代がアナタにも会ったハズ。
先輩からかけてもらって嬉しかった言葉や、心の支えになっている言動などを後輩に伝えていけるようにしましょうね!

無理はせず、あなたらしい先輩像を目指していきましょう♡

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

くたまんご

よろしくお願いします。