今「瞑想」がブームに! 正しいやり方でリラックスしちゃいましょ♡

今「瞑想」がブームに! 正しいやり方でリラックスしちゃいましょ♡

2017年02月20日更新 くたまんご 683 view

今、瞑想がブームです! 日本だけでなく、世界で注目されている「精神世界」の捉え方。瞑想は、心と体を整えてくれる一つのメソッドなのです。「瞑想」でストレスから解放され、本当の自分を取り戻してみませんか♪

そもそも「瞑想」ってなぁに?

「瞑想」すると何がどういいの?

瞑想するメリットは沢山あります。
「自分を見つめることができる」
「ストレスフリーになれる」
「記憶力を上げる」
「客観的思考を手に入れる」
「ポジティブ思考になる」
「集中力がアップする」

などなど"自分がなりたい状態に導いてくれるためのツール"という訳です。

瞑想のやり方を教えて!

それではさっそく、「瞑想」の正しいやり方を見ていきましょう!
難しく考えず、心を落ち着ける事が大切です。

落ち着く空間をつくる

ヨガスタジオでもよく取り入れられていますが、瞑想をする際は落ち着く空間が大切です。
心を落ち着かせるようなお香やエアーフレッシュナーを準備したり、部屋を片付けてシンプルな状態にしておきます。
心安らぐようなゆったりとしたBGMを用いてもOK。
雑念が入りにくい状態を創りましょう。

Shamöさん(@sp______nt)が投稿した写真 -

また、部屋の明かりを落とし薄暗いと感じる程度の明るさにしておくとより◎。
カーテンをひいたり、アロマポットやキャンドルを上手に利用するとより雰囲気が良くなります。

ドアを閉めその空間そのものと一体化できるような部屋づくりを心がけて下さいね。

ストレッチしながら呼吸を整える

まずは、ストレッチしながら身体と心を解きほぐしていきましょう。同時にゆったりとした呼吸を心がけ、鼻からすって鼻から吐く深くて長い呼吸にシフトしていきます。
心身がほぐれてきたら、準備OKです。

態勢を整えてスタート

あぐらの姿勢を取り、背筋をすっと上へ伸ばすイメージで座ります。肩の力は抜いて、お尻の骨で座る感じです。
背中をそらしたり猫背にならないように注意。
おへそのあたりに少し力を入れると重心が取りやすくなります。

呼吸のみに意識を集中し、瞑想する

半眼、もしくは目を閉じてしまってもかまいません。
深く長い腹式呼吸を続けながら、呼吸のみに意識を集中させます。そして、頭の中をからっぽにし、全ての五感を感じながらただひたすらに自分と向き合います。

「自分という存在がいま、ここにある」というイメージで、全てと融け合うような感覚になるように意識を内側へ向けていきます。

意識の奥深くへ沈んだら、また再びゆっくりと呼吸に意識を戻してきます。
吐く方を長くすると、自然と良い呼吸になりますよ。

これらのルーティンを毎朝or毎晩続けるようにしましょう!
最初は5分などの短時間で大丈夫。慣れてきたら15分程度を目安に日々続けることが大切です。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

くたまんご

よろしくお願いします。