夏の出会いはノンストップ!いざというときも崩れ知らずなメイク術

夏の出会いはノンストップ!いざというときも崩れ知らずなメイク術

2015年07月05日更新 yomogi 2993 view

夏は情熱的な恋の季節♡いつ素敵な男性と出会い、恋に落ちるか分かりません。それなのに、ファンデーションが崩れていたり、よれていたり、マスカラが溶けてパンダ目になっていたりしたら、せっかくの恋のチャンスも逃してしまいます。そこで、夏にも強い化粧崩れを起こさないメイク術をご紹介します。

夏は恋の季節♡本気のわたしで挑みたい

出典:weheartit.com

夏はその気温のおかげか、いつもより大胆に情熱的な恋ができそうな季節です。
でもこの気温のせいでばっちりメイクが崩れたり、よれたり…。
そうなっては素敵な男性がいても顔を見せられませんよね。

そこで、今回は夏でも崩れにくいメイクをご紹介します。
これでいつでも本気のあなたを見せることができますね♪

夏の化粧崩れ…原因は乾燥だった!

夏はむしむしとしているイメージがありますが、実は乾燥している場面もかなりあります。
ギラギラと突き刺すような熱い日差し。いまや24時間稼動しているようなエアコン。

こういった状況にいると肌が乾燥します。
そうすると、肌を潤すために皮脂が余分に出てきて化粧崩れが始まってしまうのです。

ではどうしたらいいのでしょうか?

化粧崩れ解決テクニック~ファンデーション編~

①化粧前に入念なスキンケアをする

出典:weheartit.com

朝は時間がないからと、簡単に化粧水をつけるだけで終わっていませんか?
これからは少し時間を割いて、化粧水+乳液をつけてください。

夏でべたべたにならない?と思うかもしれませんが、この肌の内側の潤いによって、その日1日の化粧のノリが変わります。

乳液までつけたら、一旦浸透するまで置いておきましょう。
すぐにメイクをしてしまうと、これもまた化粧崩れにつながります。
しばらく置いて、メイクの前はティッシュなどで余分な油分を取りましょう。

②化粧を薄くする

出典:weheartit.com

夏の化粧は薄盛りが基本です。
そして、化粧中の余分な油分はティッシュオフを欠かさないようにしましょう。

まず下地ですが、特にTゾーンや鼻など油分の出やすいところは少なめに塗ります。
全体的に塗って馴染ませたら、一旦ティッシュオフ。

夏の化粧崩れお助けアイテム、ベビーパウダー&フェイスパウダー

出典:weheartit.com

ここでファンデーションをのせるのですが、夏の化粧崩れお助けアイテムがあります。
ベビーパウダー&フェイスパウダーは崩れ防止のマストアイテムです。

〈リキッドファンデーションの場合〉
下地→リキッドファンデーション→ベビーパウダー→フェイスパウダー

〈パウダーファンデーションの場合〉
下地→ベビーパウダー→パウダーファンデーション

この順番で重ねていくと、ファンデーションがより崩れにくくなります。
ポイントは、薄めにのせること。これは絶対です!

化粧崩れ解決テクニック~アイメイク編~

①まぶた、下まぶたにもしっかりパウダーをのせる

汗をかくとアイメイクやアイラインが流れてきて残念なパンダ目に、なんて経験もあるでしょう。
パンダ目の回避方法も、鍵はパウダーです。

ベースメイクの段階でまぶた、下まぶたにもしっかりとフェイスパウダーをのせておくと、まばたきをしてもマスカラが下まぶたにつきにくいです。

②アイシャドウでアイライナーをおさえる

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

yomogi

最近「おいせさん お清め塩スプレー」でリフレッシュしてます♡