「老けた」なんて思われたくない!ほうれい線を解消するにはどうしたらいい?

「老けた」なんて思われたくない!ほうれい線を解消するにはどうしたらいい?

2019年01月06日更新 あーちゃん 142 view

口周りにできるほうれい線は、顔を一気に老けた印象にしてしまう厄介なものです。今回は、ほうれい線ができる原因に触れた上で、効果的な対策法を紹介していきます。

厄介な年齢肌のサイン「ほうれい線」

加齢とともに肌の悩みが増えてきた、と感じる人も多いでしょう。
年齢肌のサインの中でも厄介なものといえば、ほうれい線です。

これがあると一気に老けて見えてしまうので、きちんとケアしたいものです。

ほうれい線はなぜできるの?

ほうれい線のケア方法について紹介する前に、まずはどうしてほうれい線ができてしまうのかということについて触れていきます。

加齢による肌のたるみ

年齢を重ねると、肌の弾力を保つ「コラーゲン」という成分が次第に少なくなっていきます。

そうなると肌が重力に負けてたるみ、ほうれい線ができてしまうのです。

加齢による変化はある程度は仕方がないものではありますが、しっかりケアしていけば目立たせずに、若々しい素肌を保つことができます。

表情筋の衰え

顔には表情筋というものがありますが、表情を動かさないと次第に衰えていってしまいます。
筋肉が衰えると顔の脂肪などを支えることができないので、肌がたるんでほうれい線ができてしまうのです。

意識的に表情を動かして、表情筋を鍛えるトレーニングを行なっていくと良いでしょう。

むくみ

肌のむくみもほうれい線を作ってしまう大きな原因です。

老廃物が溜まって顔がパンパンに腫れてしまうと、どうしても素肌がたるんでほうれい線ができてしまうのです。
改善のためにはリンパマッサージなどを行ってデトックスをしていきましょう。

遺伝

必ずしもそうというわけではありませんが、親にほうれい線がある場合は子供も同様にできてしまう可能性があります。

ただ、若いうちからきちんとスキンケアをしておけば、ほうれい線を目立たせずに若々しい素肌を保つことができます。

手軽にできる、ほうれい線のケア方法

ここまでほうれい線ができる原因について紹介してきましたが、実際にできてしまったらどのような対処をしていけば良いのでしょうか。

保湿を徹底する

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR