野外イベント参加の前に必読! 熱中症にならないように気を付けること

野外イベント参加の前に必読! 熱中症にならないように気を付けること

2018年07月10日更新 くたまんご 69 view

夏は野外イベントの季節ですよね!外で飲んで踊って騒いで…想像しただけで楽しいですが、気になるのは熱中症。今日は、野外イベント時に熱中症にならないように気を付けるポイントをまとめました!

夏といえば野外イベント!熱中症対策は大丈夫?

熱気と解放感が楽しい野外イベントの季節がやってきましたね。
外で盛り上がるイベントは楽しいのですが、反面熱中症も気になります。

野外イベントを思う存分楽しむには、熱中症対策もしっかり準備しておきましょう!

〇水分、塩分補給

水分補給は熱中症対策の基本中の基本。

ただの水よりも経口補水液や浸透圧の高いスポーツドリンクなどが◎。
パウチタイプのようなものを凍らせて携行しておくと、首元なども冷やせるのでおススメです。
また、塩飴や塩漬けレモンなどを口にするのもいいですよ。

〇帽子、日傘、タオル

帽子や日傘など、日よけになるものも準備しておきましょう。

直射日光や日照りを直接頭部などに浴びないことが大切です。
UVカットのものやツバが大きく広いものがGOOD。
タオルはフェイスタオルがあると、いろいろ使えるので便利です。

〇避難、救護スポットを確認しておく

野外イベント時には必ず避難、救護スポットが設備されています。

あらかじめスポットの場所、行き方を把握しておくといざというときに慌てずに済みますよ。

〇冷却グッズ

冷却パウチや冷却シート、凍らせたペットボトルなど、体を冷やせるものを携帯しておくと便利です。

直射日光はきつくなくても、人ごみによる熱気はあなどれません。首や脇の下、太ももの付け根を冷やせるように準備しておきましょう。

〇こまめにトイレに行く

体内にこもっている熱は、尿と一緒に排出されます。
イベントだからと我慢せずに、こまめに水分補給とトイレ休憩をはさみましょう。

〇飲酒時はかならず水を飲む

野外イベントでは飲酒をする場面もあるでしょう。
暑いから、のどが渇くからと言ってお酒をガブガブ呑むのはNG。

酔いが早くなったり、急性アルコール中毒になる恐れがあります。飲酒と一緒に必ず水を飲むようにしましょう。

〇体調を整えておく

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

くたまんご

よろしくお願いします。