下半身のボコボコはお家で解消!セルライトを除去する方法

下半身のボコボコはお家で解消!セルライトを除去する方法

2016年11月21日更新 c_nini 1717 view

セルライトが落ちにくいからといって、放置してはいませんか?女性の多くが悩まされているセルライトは自宅でも解消することができるんです。セルライトの原因やセルフチェックのポイント、自宅でのケア方法をご紹介します。

これってセルライト?

ダイエットしているのに、下半身がなかなか痩せられない。
お尻や太ももがいつの間にかデコボコしている。
これってセルライトのせい?

一度ついてしまったセルライトはなかなか落ちないと言われていますが、自分でケアができるんです。
悩みの種だったセルライト問題を解決しちゃいましょう!

セルライトができるワケ

知らず知らずのうちにできてしまうセルライト。
皮下脂肪に水分や老廃物が溜まり、コラーゲン繊維と絡み合って固まってしまった状態です。

主な原因は血行不良や冷え、代謝不良です。
脂肪細胞が肥大し、血管やリンパ管を押しつぶして血液やリンパの流れが滞ります。
必要な酸素や栄養素が身体に行き渡らず、老廃物などが排出されず、代謝が低下していきます。

これを放置すると老廃物や脂肪細胞同士が絡み合い、塊=セルライトになるのです。

セルライトができやすい体の部位

出典:weheartit.com

皮下脂肪がつきやすい部位はセルライトもできやすい部分です。
二の腕やお腹、特に下半身、太ももやお尻は要注意です。
重力の影響で血流やリンパの流れが悪くなりやすく、冷えやむくみを引き起こしてしまうため、老廃物が溜まりやすいのです。

また、痩せているからといって油断は禁物。
運動量の減少や栄養の偏った食生活でも、セルライトは作られます。
血流や代謝が低下することは避けるようにしましょう。

簡単セルフチェック

セルライトがあるかどうかをチェックしてみましょう。

・皮膚をねじるとぼこぼこしている
・皮膚をつまむと厚みがあり多少柔らかさもある
・甘いものが好き
・常に水を飲んでいる
・足がむくみやすい
・冷え性である
・体が重い、腰に痛みがある
・皮膚表面が冷たい
・皮膚表面に色ムラがある
・傷やあざが治りにくい

チェックした数が多いほどセルライトのレベルは高くなります。
3個以上なら中期、7個以上だと後期の可能性があるので早めのケアを!

自宅でできるセルライト撃退法

脂肪と違い、運動では落ちせません。
セルライトの除去にはリンパマッサージが効果的です。
お風呂で体をしっかり温めてから行うと、より効果がアップします。

「セルライトをつぶす」からといって、力を入れる必要はありません。痛みを感じるほど強く力を入れると内出血を起こして逆効果に。
肌に負担をかけないように、オイルやクリームなどを使用し、じっくりとリンパを流していきましょう。

部位別マッサージ方法

・ふくらはぎ

出典:weheartit.com

1.まずは足先、足の甲、足裏を念入りにほぐします。
2.膝を曲げ、ふくらはぎを親指で押し上げるように、下から上に向かって揉みあげます。
3.足を伸ばし、前側の骨に沿って親指をあて、足をつかむようにして下から上になぞります。左右両方行います。
4.膝の裏側を揉みほぐします。
5.最後に足首から膝に向かってリンパを流すようにさすります。

・太もも

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR