これで罪悪感ナシ!夜更かしをするときに食べてもいい食べ物8選

これで罪悪感ナシ!夜更かしをするときに食べてもいい食べ物8選

2017年06月10日更新 あーちゃん 1761 view

日々仕事で忙しく、帰ってからパタンと寝ている人は、たまの休みくらい夜更かしして好きなことをしたいと思いますよね。でも、そんな夜にもお腹は減るものです。食べれば太るのはわかっているけれど、どうしても食べたい時には、食べ物を選べば大丈夫ですよ!

夜更かしするとお腹が減る!

いつもは早めに寝ているけれど、たまには夜更かしして読書や映画鑑賞でリフレッシュしたいと思うこともありますよね。
でも、夜更かしをするとお腹が空いてたまらずについついお菓子を食べて太ってしまう……なんて言う危険性もあります。

夜食はどんなものがいい?

夜、どうしてもお腹が減った時、やけを起こしてスイーツやお菓子、ラーメンなどを食べてしまってはいけません。
これらの食品は炭水化物がたっぷり入っていますが、炭水化物はエネルギーとなるので夜食べるとあまり使われずに脂肪となってしまいます。

では、夜食にはどのようなものを食べればいいのでしょうか?

おかゆ

炭水化物を食べないとお腹が膨れない!という場合には、白米を食べるよりはおかゆがおすすめです。
おかゆは水分を多めにして炊くので、その分少量でもまん属しやすいです。
また、おかゆはプチ断食後の回復食としてもおすすめな消化のいい食べ物なので、寝る前に食べても胃腸の負担となりにくいのが大きなメリットです。

おでん

夜食だからといって、豆腐などのような味気ないものはいやだという人は、おでんがおすすめです。
冬場にはコンビニにも売られていますし、ちょっと出かけて買ってくるのもいいでしょう。
おでんの具は腹持ちのいいものが多く、消化もしやすいので夜食にぴったりです。

ただし、具材の中には高カロリーのものもあるので、なるべくこんにゃくや大根などの低カロリーのものを2つくらい選んで食べるようにしましょう。

味噌汁

日本人ならおなじみの深い味噌汁も夜食にぴったりのダイエットフードです。
味噌汁は様々な具材が入っているので栄養もしっかり取れますし、低カロリーなので夜食として飲むのに適しています。
味噌汁を夜中にいちいち作るのが面倒だという人は、コンビニなどにお湯を注ぐだけのインスタントタイプのものやフリーズドライで個包装されているものがあるので、それらを購入してもいいでしょう。

サラダチキン

基本的に、脂肪分の高い肉類は夜食としては絶対に避けるべき食品です。
しかし、低カロリーで高タンパクな鶏のささみや胸肉などは別です。

コンビニにいけばサラダチキンなどが売っているので、肉が食べたいならこれを選ぶといいでしょう。
炭水化物は寝る前の摂取で使われずに脂肪に変わりますが、タンパク質は睡眠時に筋肉合成に使われることもあるのです。

おからクッキー

夜食にお菓子はご法度だと紹介しましたが、それは甘い砂糖や脂肪分の多いバターを使った場合です。
どうしてもお菓子を食べたいなら、おからクッキーであれば許容範囲でしょう。
おからクッキーは1枚50kcal程度で低カロリーですし、食べると胃がふくれて数枚で満足できるはずです。
さらに、炭酸水などを一緒に飲めば胃でさらに膨れるので食べ過ぎを防ぐことができます。

ヨーグルト

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR