トラブルに悩みたくない!春のゆらぎ肌を防ぐ大切なこと

トラブルに悩みたくない!春のゆらぎ肌を防ぐ大切なこと

2018年03月04日更新 あーちゃん 130 view

もうすぐ長い冬も終わって春がやってきますが、春はお肌にとってあまりいい季節とは言えません。春に起こるゆらぎ肌は様々なトラブルを引き起こす原因にもなるので、きちんと対処していきましょう。

季節の変わり目に起こりやすい「ゆらぎ肌」

寒かった冬もようやく終わりにさしかかり、春の足音が聞こえてくるような時期になりました。

春は気温も上がり、陽気な日差しに誘われてどこかに出かけたくなるような気分になりますが、肌の状態が変化しやすく、「ゆらぎ肌」に陥ることがあるので要注意です。

春のゆらぎ肌の原因

ゆらぎ肌とは、一時的に肌が不安定な状態になり、トラブルが起こりやすくなる肌の状態のことです。
季節の変わり目にはゆらぎ肌が起こりやすくなるのですが、春のゆらぎはどうして起こるのでしょうか。

紫外線の増加

冬は落ち着いていた紫外線も、3月頃からその量が増え始めます。紫外線は肌の弾性繊維であるコラーゲンを破壊したり変性させたりして肌に悪影響を及ぼします。

そして、春先が実は最も紫外線の量が多いと言われているので気をつけなければなりません。
また、紫外線によってメラニン生成が促進されることで、老化につながるシミも起こりやすくなります。

気候の変化と空気の乾燥

春先は暖かくなって過ごしやすくなりますが、肌寒い日と暖かい日が交互に続いたりと気候が安定しにくいという難点があります。

この気温の変化に体がついていけず、ゆらぎ肌を引き起こす可能性があるのです。
また、春は冬場に引き続き乾燥しやすい季節でもあるので、肌もデリケートになりやすいのです。

花粉による刺激

春先にやってくる厄介なものといえば花粉症です。
花粉症の人は、くしゃみや目のかゆみなどの症状に悩まされると思いますが、肌にも同じようにアレルギー反応が起こります。
かゆみや乾燥を引き起こしやすくなるので注意しなければなりません。

環境変化が原因のストレス

春は入学、卒業、就職などの行事が重なり、新しい環境に突入する季節でもあります。
そのため、環境の変化に慣れるまではストレスがたまりやすくなりますが、このストレスも肌にとっては悪影響となるのです。

ストレスによって自律神経が乱れると、肌の状態も乱れやすくなります。

春のゆらぎ肌の対策方法

春のゆらぎ肌はとても厄介なものですが、きちんと対処していけば悩みも解消できるはずです。
ということでここからは、ゆらぎ肌の対策について紹介します。

保湿を徹底する

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR