宴会はたのしく♪気をつけておきたい女性のお酒の飲み方!

宴会はたのしく♪気をつけておきたい女性のお酒の飲み方!

2019年03月02日更新 yomogi 253 view

このシーズンから春にかけて、お別れ会、歓迎会、お花見、などいろいろなイベントが重なりますね。イベントといえばやっぱり欠かせないのはお酒。好きな人も苦手な人も気をつけてほしいのは「飲み方」なんです!今回はいいお酒の飲み方について知っておきましょう。

春はお酒がつきもの

出典:gahag.net

大人になったらイベントごとにはお酒がつきものですね。
特にこの時期はお別れ会や歓迎会、お花見などお酒が振舞われることもいっぱい!

楽しく飲めればいいけれど失敗すると地獄を見ることになるので、お酒が好きな人もキライな人も今回は飲み方について考えましょう。

女性は男性に比べてお酒に弱い!

出典:gahag.net

「お酒に弱い」というのはどういうことでしょう?

アルコールを飲むと、肝臓の働きでアセトアルデヒドに変わります。これはお酒を飲んで悪酔いしたり、二日酔いになる原因になる物質です。
お酒の強い人というのは、このアセトアルデヒドを代謝速度が速く、すぐに無害な物質に変えることが出来ます。
逆にお酒に弱い人というのは、この代謝速度が遅かったり代謝できなかったりで、アセトアルデヒドの影響を受けやすいのです。

個人差はもちろんありますが、一般的に女性は男性に比べてアルコール処理速度が遅いといわれています。
男性と同じペースで同じ量を飲むと、女性のほうが先にアルコールの影響が出やすいのです。

お酒を飲んだら「ほろ酔い」で留めておくのがいいでしょう。
それ以上になると、前後不覚になり失敗したり、体に多大な影響を与えてしまうことも!

これらを踏まえていい飲み方をご紹介します。

①未成年は飲んではいけません!

大学に入学したら多いのが「サークル歓迎会」や「ゼミ歓迎会」
お酒の飲める同年代の人がいると、ついついいいかな?という気分にもなっちゃいますね。
また、高校を出てすぐに仕事を始めた人も宴会などはあるかもしれません。
それでも未成年の飲酒はダメ!
先輩や上司に奨められてもお断りしましょう。

②一気はやらない、やらせない!

お酒が入ってくれば、どうしてもテンションがあがってしまいますね。そこで多いのが一気飲み。
場が盛り上がることはありますが、お酒を飲むコンディションとしては最低です。
一気飲みはやらないし、やらせないようにしましょう。

③必ず飲む前に食べること

出典:gahag.net

急に体内にアルコールが入ってくるのは、胃にとっても悪影響。
乾杯した後は、まず食べましょう。

・チーズ(脂肪分がアルコールから胃を守ります。)
・野菜(お酒を飲むとはミネラルやビタミンを失いやすいです。)
・刺身、焼き鳥、卵焼き、豆腐(たんぱく質はアルコールの分解を助けます)
・フルーツ(果糖はアルコールの分解を助けます。)

④必ずチェイサーを用意

体内の血中アルコール濃度が増えると酔いやすく、肝臓への負担も高くなります。
そこで必ずお水やお茶などを用意しておきましょう。
お酒の飲み方に慣れていないうちは、お酒とお水を交互に飲むくらいがペースを掴みやすいです。

⑤飲み会ならテンション高めに!

酔っ払いというのは、飲み会でテンションの低い人は「まだ飲み足りてないな」と飲ませたがる人が多いです。
そこで酔っていなくてもテンションを上げていたほうが、酔っ払いの飲め飲め攻撃の的になりにくいです。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

yomogi

最近雑誌の付録が可愛すぎて思わず買ってしまいます。