明日から自分も頑張ろう…!勇気をもらえるお仕事映画5選♡

明日から自分も頑張ろう…!勇気をもらえるお仕事映画5選♡

2019年03月14日更新 くたまんご 296 view

毎日仕事を頑張っていても、たまにはミスしたり、どうしても気が乗らないタスクが回ってきたり…失敗して凹むことだってありますよね。今日は、そんな頑張るあなたに「勇気をもらえるお仕事映画」を紹介します♪

仕事でピンチ…なんとか乗り越えたい!

大好きな仕事も、頑張っている仕事も、時には失敗やミスをして叱責されたり注意されることが続いたりすることってありますよね。

他にも重要なプレゼンや接待が控えているプレッシャーなどなど、仕事に関する悩みは誰にでもあります。
今日は、仕事がちょっとピンチかも…と思った時にオススメしたい、勇気が出る映画をご紹介します!

1.マイ・インターン

「プラダを着た悪魔」で仕事も恋も全力投球を演じたアン・ハサウェイが、ファッションサイトの社長を演じる有名作です。
バリキャリの彼女が40歳年上のインターン(新人)と仕事をすることに。
仕事もプライベートも全てが順風満帆だったのに、その両方が危機を迎えた時、彼女はどう乗り越えていくのか。

公私ともにうまくいかない時って本当にありますよね!
そんな壁にぶち当たっているアナタにぜひ観ていただきたい1本です。
インターン役のロバート・デニーロの大人の余裕とさりげない優しさにジーンと来ること間違いナシ!
感謝の気持ちを思い出させてくれますよ。

2.幸せのレシピ

主人公は腕の立つ高級レストランの料理長(キャサリン・ゼダ=ジョーンズ)。
姉が事故死に遭い、姪っ子を引き取ることになった彼女のもとに、彼女とは正反対の性格をした副料理長(アーロン・エッカート)がやってきます。

自分に懐かない姪っ子は、副料理長の料理は美味しそうに食べる。自分のスキルに自信のある彼女が、初めて思い通りにならない出来事に直面します。
自分の概念や価値観を壊すことはとても勇気がいりますが、新たな道を開くには新たな考えや柔軟な心が必要ということを教えてくれる映画です。

悔しい思いをしていたり、うまく周りに認めてもらえない人に見ていただきたい作品です。
心を開く大切さ、日々への感謝を思い出せるヒントが詰まっています。

3.ハッピーフライト

綾瀬はるかと田辺誠一主演の「ハッピーフライト」は、航空会社(ANA)がスポットのハートフルコメディ。
昇格を狙うパイロットと、新人ACが織りなす絶妙な食い違いが見ものです!
一つの物事には数多くの人が関わっていて、全力でそれを遂行している、支えていることの素晴らしさを体感できます。

目に見える事もそうでない事も、表舞台の人間も裏方の人間も、誰一人欠けても"当たり前"という成功は成しえない、そんなことを教えてくれる作品です。
大きなプロジェクトに挑もうとしているアナタにオススメの1本。

4.幸せのちから

ウィル・スミス演じるクリス・ガードナーは営業成績の上がらないセールスマン。
家計は火の車になり、妻には出て行かれ、家賃が払えずにアパートを追い出された彼と息子は駅のトイレで寝泊まりするほどに。
成功を夢見て証券会社の養成コースを受講する彼と、全力でパパを支える息子(ウィルの実子なんですよ!)の大ヒット実話ムービーです!

何度も心が折れそうになっても、目標を見失わずにがむしゃらに突き進むこと、支えてくれる人がいる幸せ、諦めずに続ける強い意志が心に響きます。
何のために仕事をしているのか、働くことの目的を失いかけている人に観てほしい作品です。

5.イエスマン

面倒な事や厄介ごとは何かと理由を付けて断る主人公のカール(ジム・キャリー)。
そんな彼を見かねて友人がとあるセミナーへ誘います。
そこでは「どんなことにもイエスと答える」ことを強引に約束させられます。
ノー!がデフォルトの彼の人生がイエス!を言い続けることで激変する様子をコメディタッチに描いています。
イエスのせいで思わぬ災難が降りかかったり、最高のハッピーが待っていたり、振り回されながらも彼の生き方が変わる様子にエールを送りたくなります。

最初から「ノー!」と断る前に「イエス」と言ってみるのも悪くないと思わせてくれる作品です。
自分の融通のきかなさや頑固さを変えたい、上司とのソリが合わない人にオススメの1本。

映画に勇気と元気をもらって、また頑張ろう!

どの作品も、仕事や働くこと、働く人、何のために働くのかを考えさせてくれる作品です。

仕事に行き詰ったり、勇気が出ないときは、上記の映画をサプリ代わりにして、自分のやる気を奮い立たせましょう!
きっと、観終わった後は、笑顔と勇気を貰えているはずですよ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

くたまんご

よろしくお願いします。