部分ダイエットはここが重要!首・手首・足首を急遽細くする方法

部分ダイエットはここが重要!首・手首・足首を急遽細くする方法

2018年06月08日更新 あーちゃん 203 view

太っているというほどではないと思うのに、なんだかスタイルが悪く見えてしまうという悩みを抱えている人もいるでしょう。そんな時は、もしかしたら3つの首が太いのかもしれません。

太って見えるのはどうして?

そこまで太っているわけではないので、なぜか太って見えてしまうと悩んでいる人もいるでしょう。
それはもしかしたら、鍛えるべき部分が鍛えられていないからかもしれません。

鍛えるべきは「3つの首」!

太って見えてしまうのは、もしかしたら3つの首が原因かもしれません。
手首や足首、そして首が太っていると、体全体が太く見えてしまうので、気をつけましょう。
ということで今回は、部分ごとの鍛え方を紹介します。

首は年齢が出るとも言われている部分なので、スキンケアも重要です。
この部分がたるんだりしてしまうと一気に見た目が老けて見えてしまうので、しっかりと鍛えておきましょう。

デスクワークが多いと首回りも凝り固まってしまうので、しっかりとリンパマッサージを行いましょう。

首の後ろを上から下、下から上にやさしくさすり、鎖骨の下を円を描きながら内から外に動かすと効果的です。

また、首の後ろの部分から肩に向かってさするのも効果的です。

手首

物をとったり持ち上げたり、何かを掴んだり、手の周辺はよく動かすので意外と注目されています。
ここが太いと腕全体が太く見えてしまうことがあるので、気をつけましょう。

手首を鍛えるためには、ストレッチが効果的です。

①手の甲を上にして手を前に出し、そのまま指先を反対の手でつまんで下に折り返します。

②その状態で軽く引っ張り、手首を伸ばしましょう。
手首が疲れている場合はこれだけでも楽になるはずです。

Jade Turnerさん(@jade.m.turner96)がシェアした投稿 -

伏せた状態で指を立てて床に置き、腕立て伏せの要領で体を上げ下げする指立て伏せは、手首に力が入るので、ここを引き締めるのに適しています。
道具がいらないので自宅でも簡単に行うことができます。

足首

ミドル丈のスカートを履くとき、下に伸びる足首が太いと、足全体が太く見えてしまいます。
そのため、ここを鍛えることもとても重要です。
しっかりケアして、美脚を目指しましょう!

足首を鍛える際には、つま先立ちが効果的です。

階段などの段差を利用して、かかとを上げ下げするのを繰り返せば、ふくらはぎから足首のあたりまで効いているのを感じられるでしょう。

一日の空いた時間で行うことができるので、ジムに行く時間が取れないという場合にもぴったりです。

たくさん歩いて足が疲れたという時には、ストレッチで足をケアしてあげることが大切です。

①床にお尻をついて足を前に伸ばします。
②つま先を手で掴んで、ぐるぐると左右に回すします。

足首回りの筋肉をほぐすことができるので、きれいな状態に整えることができます。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR