これだけを意識すればOK!いつもの料理が10倍おいしく見える盛り付けのコツ

これだけを意識すればOK!いつもの料理が10倍おいしく見える盛り付けのコツ

2015年10月09日更新 一ノ瀬あや 1299 view

料理の盛り付けって、簡単なようで難しいですよね。写真に撮ってインスタにアップしたいけど、なかなかレシピのようにうまくいかない…。そんなときは、ちょっとしたことを意識すれば10倍料理が美味しく見えるんです。

どうしたら美味しく見える盛り付けができるのかわからない…

出典:instagram.com

味は美味しいし、彼からも評判のいい手料理。
でも、どうも見た目が美味しそうじゃない。
インスタにアップしたいけど、よく見かける料理みたいにうまく盛りつけられない。

そんなお悩みを抱えている方は、ぜひこれからご紹介するコツを試してみてください。

いつもの料理が10倍美味しく見える盛り付けのコツ

絶対に赤、黄、緑の3色を入れる

出典:instagram.com

例えば、朝ごはんに定番の目玉焼き。
ひとつだけお皿にのせるのではなく、ブロッコリーとミニトマトを添えてみてください。
これだけで、ぐっとカフェのような美味しそうな料理に見えるんです。
ミニトマトの赤、目玉焼きの黄、ブロッコリーの緑の3色が一気に食卓を鮮やかにしてくれますよ。

おかずは長いお皿に一列に並べる

出典:instagram.com

長いお皿に一列に並ぶように盛り付けると、簡単に美味しそうな料理になります。
ハーブやグリーンで緑を足すと、さらに美味しく見えますよ。

大きいお皿で余白をたくさん作る

出典:instagram.com

レストランなどでよく使われるこのテクニック。
大きめのお皿にちょこっと盛りつけるだけで、一気に高級感が出るんです。
慣れてきた方は、余白部分にソースを垂らしてみると、ぐっとおしゃれな印象になります。

縦長に盛る

出典:instagram.com

パスタなどは、横にどばっと広げてしまうより縦長にボリューム感が出るよう盛り付けるのがコツです。
こちらも大きめのお皿を意識して使うと、さらに美味しそうに見えます。

仕上げに香辛料やハーブを添える

出典:instagram.com

どんな料理でも、何かを添えるとぐっと美味しそうに見えます。
三つ葉やハーブ、ブラックペッパーなど、最後にひとつ添えるだけでお店で出てくるような料理に見えますよ。

思い切って全部ひとつのお皿に盛り付ける

出典:instagram.com

今大人気のワンプレートは、お家でも気軽にできる盛り付けテク。
いつも作るパスタも、ハンバーグも、どうせならパンやごはんも全部ひとつのお皿に盛っちゃいましょう。
まるでカフェのランチプレートのような雰囲気になりますよ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

一ノ瀬あや

ライター・コラムニスト。 波乗りとアロマが趣味です。 twitter→@ichinoseaya