ダイエットの味方!話題のスーパーフード「チアシード」の効果がすごすぎる♡

ダイエットの味方!話題のスーパーフード「チアシード」の効果がすごすぎる♡

2016年06月28日更新 一ノ瀬あや 1391 view

昨年から話題のスーパーフード「チアシード」。これ、とってもダイエットに効果的なんです。それだけでなく、美肌効果やアンチエイジング効果もあり、海外の有名モデルも愛用している人気の健康食品です。でも実際は、「チアシードってなに?」「一体あの種をどうすればいいの?」と、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、チアシードの謎と、使い方や効能すべてをご説明します。

美BODYに導くスーパーフード「チアシード」

出典:weheartit.com

中米メキシコのグアダラハラで生産されている植物、チアシード。
チアシードは高い栄養価に加え、美肌効果やアンチエイジング効果もあり、ダイエットを助けるとも言われています。

古代からメキシコの人々の生活を支えてきた、神秘の作物

チアシードは、藤色の花を咲かせる植物。
1メートルほどで収穫期を迎えます。
シソ科の植物であり、大葉によく似ています。

メキシコの先住民は、古代からチアシードの栄養価を知っていたそうで、当時は種のまま栄養補助食品として食べられていました。

種が乾燥して、茶色に変わるとチアシードは収穫されます。
手でこすると殻が剥がれて小さな種がとれ、これが全世界に輸出されるんですね。

現代人に不足しているa-リノレン酸が豊富

出典:weheartit.com

チアシードはとっても小さいですが、その栄養素はとっても豊富。
特に、現代人に不足しているa-リノレン酸(オメガ3)が多く含まれているのが大きな特徴です。

チアシードの栄養価は、チアシード大さじ1杯あたり、オメガ3系脂肪酸(a-リノレン酸)2.1g、オメガ6系脂肪酸(リノール酸)0.7g、食物繊維3.5g、カルシウム55.7mgと言われています。

オメガ3系脂肪酸(a-リノレン酸)ってなに?

出典:weheartit.com

オメガ3系脂肪酸は、私達人間の細胞を作るのに大切な栄養素のひとつです。
体内では合成できないため、食品から摂取する必要があります。

オメガ3系脂肪酸には、青魚に多く含まれるDHAやEPA、エゴマ油やチアシードに含まれるa-リノレン酸などがあります。

日本人はこのオメガ3系脂肪酸が決定的に不足しており、逆に心臓病や糖尿病など生活習慣病になりやすいオメガ6系脂肪酸を摂り過ぎる傾向にあります。
そのため、オメガ3系脂肪酸を意識的に摂取することで、生活習慣病になるリスクを軽減出来るというわけです。

チアシードはなんでダイエットにいいの?

出典:weheartit.com

チアシードはダイエットにとっても効果的です。
なぜならオメガ3系脂肪酸には、代謝を促し、体脂肪の減少効果があるからです。
その上、カロリーが低く、過食や間食を防ぐ効果がある植物性タンパク質を多く含みます。
また、チアシードは水分を含むと膨らむので、満腹感によるダイエット効果もあります。

そして、チアシード大さじ2杯で1日に摂取すべき食物繊維の約半分を摂取できます。
便通を良くし、善玉菌が増えて腸内環境を改善させるので、体内のデトックス効果を期待できるのです。

美肌効果も絶大!

出典:weheartit.com

チアシードには、美肌の保湿に欠かせないセラミドを作る働きがあります。
セラミドが不足した肌は、トラブルが起きがち。
そして、先程から説明しているオメガ3系脂肪酸というのが、肌のターンオーバーをするために必要な必須脂肪酸なのです。

チアシードを定期的に摂取することで、肌の細胞が活き活きとし、美肌をキープできるんです。

チアシードの使い方

チアシードは水でふやかして使用します。

水100ミリリットルに対して大さじ1杯のチアシードを入れ、15分待ちましょう。
そうするとプニプニとしたジェル状になるので、色々なアレンジをして食べることができます。

プニプニは「グルコマンナン」という水溶性食物繊維

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

一ノ瀬あや

ライター・コラムニスト。 波乗りとアロマが趣味です。 twitter→@ichinoseaya