もう型崩れは怖くない!お気に入りのニットを、型崩れせず洗う方法を伝授♡

もう型崩れは怖くない!お気に入りのニットを、型崩れせず洗う方法を伝授♡

2016年12月29日更新 くたまんご 1633 view

寒い季節はニットの洋服が増えますが、気がかりなのは洗濯による「型崩れ」ですよね。今回は、ニットを型崩れから守る洗い方をお教えしちゃいます!

失敗率高し!? ニットの洗い方に戦々恐々…

寒いシーズンには、ニット素材の可愛い洋服でオシャレしたいですよね。
可愛く着た後、型崩れとの戦いに戦々恐々としている女子は少なくないはず(笑)。
縮んで伸びてほつれて毛玉…お気に入りのニットが悲しい姿になるのを防ぐべく、正しい洗い方をチェックしていきましょう!

まずは、自宅で洗えるか確認を!

まずはニットの洋服のタグを要チェック! "ドライマーク"がついていたら、クリーニング店に出す方がベターです。
水洗いOKのマークがあれば、自宅で洗うことができますよ。

ニットの素材も確認して

ニット素材の多くが「カシミヤ」「ウール」「アクリル」でできています。
「カシミヤ」はヤギの毛で、とてもデリケート。
「ウール」は羊の毛で、水に弱く縮む可能性が高い素材です。
「アクリル」は化学繊維ですが、伸びやすい素材です。
それぞれの素材に合わせた洗い方をしないと、型崩れの元になりますよ!

ニット専用の洗剤を準備しよう!

いずれの素材にしても、ニットを洗う際は、ニットに適した洗剤で洗いましょう!
市販の物であれば、中性洗剤の"おしゃれ着専用洗剤"や"ニット専用洗剤"を使うようにすればOK。
30度くらいのぬるま湯に上記の洗剤を溶かして、手洗いするのが基本です。

ネットとハンガーも準備

ニットやセーターを干せる平干しネットや、ニット専用ハンガーを準備しておくと便利です!
干す時の型崩れをしっかり防いでくれますよ。

ニット素材は必ず裏返してから!

手洗いしても、ニット素材は毛羽立ちや毛玉が出来やすいです。
そこで、ワンポイント!
洋服は必ず「裏返し」にして、洗剤液につけながら洗いましょう。
力を入れてこすったりせずに、優しく押して洗うようにします。

すすぎは2.3回で十分

気をつけたいのがすすぐ時。
洗剤の落ちが気になってすすぎすぎたり、揉んでしまったりしがちですが、これはNG。

優しく2.3回きれいな水ですすげば十分です。
ギュウギュウに絞ったりせずに、丁寧にすすぎましょう。

脱水も丁寧に

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

くたまんご

よろしくお願いします。