昼寝で集中力がアップ!効果的な昼寝をするための5つのテクニック

昼寝で集中力がアップ!効果的な昼寝をするための5つのテクニック

2015年08月09日更新 yun 698 view

昼寝をすると多くのメリットが得られるということを知っていますか?集中力の復活や疲労回復、ストレス解消など、昼寝がもたらす効果には嬉しいことがたくさんあります。今回は、効果的な昼寝をするためのテクニックをご紹介するので、最近疲れが溜まっていると感じている方は、ぜひ試してみてくださいね。

昼寝をするといいことがたくさん♪

出典:instagram.com

最近疲れが溜まっていて、集中力が欠けることが多い。
そう感じることが多い方は、昼寝をしてみませんか?

昼寝をしたら夜に眠れなくなってしまうと思いがちですが、実はそんなことはなく、昼寝にはメリットがたくさんあるんです。

昼寝をすると得られる効果

出典:weheartit.com

質の高い昼寝をすると以下のような嬉しい効果が得られます。


・記憶力や学習能力の向上
・集中力の復活
・疲労回復
・ストレス解消
・精神安定
・性格の活発化
・心臓病やアルツハイマー病のリスクの低下

出典:http://igot-it.com/hirune-kouka-725.html

これらの効果を得るためには、昼寝をするときにちょっとしたコツが必要です。

効果的な昼寝をするためのテクニック

1.短時間にする

出典:instagram.com

昼寝の時間は15分~20分が最適です。
30分以上の昼寝をしてしまうと脳が熟睡しようとしてしまうので、起床後も眠気に襲われます。
昼寝の効果を上げるためには、長時間の昼寝をしないことが大切です。

2.カフェインを摂取する

出典:instagram.com

カフェインには脳を活発に動かし、集中力を高める効果があります。
その効果が現れるのはカフェインを摂取してから約30分後なので、昼寝をする前にカフェインを摂取しておくと、目覚めたときにちょうど効果が現れ始めるのです。
そのため、目覚めたときに頭がスッキリします。

3.質の高い睡眠をとる

出典:instagram.com

昼寝の効果を高めるには、昼寝の時間の長さよりも質の高さが大切です。
体をリラックスさせてあげると、質の高い睡眠をとることができます。
お気に入りの音楽を聞いたり、ラフな格好をしたりと自分がくつろげる空間作りをしましょう。

4.時間帯に気を付ける

出典:instagram.com

昼寝をする時間にも注意が必要です。
昼寝をするときは、午後3時までに行うようにしましょう。
午後3時以降に昼寝をしてしまうと体内リズムが崩れる原因になり、昼夜逆転してしまう危険性が生じます。

5.体に負担がかからないようにする

出典:instagram.com

体に負担がかからない体勢で昼寝をすると、少ない時間でも質の高い睡眠をとることができるので、昼寝の効果が高まります。
ソファーやベッドなどに横になったり、首元を支える部分がある椅子を使ったりして、体に負担がかからないようにしましょう。
机に頭を伏せて寝るのもOKです。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

yun

シンプル可愛いを勉強中