”衣替え”のその前に。知っておきたい「正しい服のしまい方」

”衣替え”のその前に。知っておきたい「正しい服のしまい方」

2016年04月18日更新 くたまんご 1474 view

衣替えの季節がやってきましたね。服装が変わるのは楽しみだけど、衣替えが苦手な人は多いのではないでしょうか。そんな杞憂を跳ね飛ばし、来季もしっかりキレイに着られる「正しい服のしまい方」をご紹介します。

ちゃんと片づけたはずなのに…

出典:roomclip.jp

衣替えをするとき、昨シーズンの服がシワクチャになっていたり、埃っぽかったりすることはありませんか?
きちんと片づけていたつもりでも、ヨレて着れなくなっているなど、衣替えの悩みはつきものですよね。
これを機に、正しい服のしまい方を覚えておきましょう。

正しい服のしまい方

①まずは洗濯

出典:roomclip.jp

服を長期間しまう時は、一度キレイに洗濯をしましょう。
襟元、脇、袖口など、黄ばみが出そうな箇所にはシミ抜きハイターなどを使って念入りに洗うようにします。
この手間をかけるだけで、衣服黄ばみを防ぐことができますよ。

②クローゼットの整理&掃除

出典:weheartit.com

服を収納する場所もキレイにしておきましょう。
アルコールなどで除菌し、しっかりと乾かすと防虫やカビを防いでくれます。
収納BOXなどは新たに買いかえるのもOK。

③タンスや衣装ケースも掃除

出典:roomclip.jp

服を入れているだけなのに汚れなんて…と思うのは危険信号。
タンスの引き出しや衣装ケースは、ダニや衣類害虫の温床になりやすいです。
しっかりアルコール除菌後、乾燥させることが大切です。

④衣類を仕分ける

出典:roomclip.jp

同じシーズンの物だからって、ジャンルの違う服をごちゃ混ぜに収納していませんか?
色物やシャツなどを一緒にしまっておくと、色落ち、色移りの可能性があります。
デニム、シャツ、ポロシャツ、などと衣服を区分けして収納するようにしましょう。

⑤防虫剤は置き場所に注意

防虫剤は衣装ケースの底に入れても効果を発揮しません。
衣服をしまう時は、防虫剤を一番上に置くようにしましょう。
また、違う成分の防虫剤を同じケースに入れないようにしてくださいね。
天然のハーブ防虫剤などは香りも良くてGOODです。

⑥ポールにも防虫剤を忘れずに

ポールにもしっかり防虫剤をかけておきましょう。
吊るしているから大丈夫と油断していると、しっかり虫食いされてしまいます。
洋服と一緒にポールにかけるタイプの防虫剤を使用してくださいね。
ニオイが気になる人は天然素材の防虫剤がオススメです。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

くたまんご

よろしくお願いします。