【食べ合わせダイエット】食べ方を工夫して太らない身体を手に入れちゃおう♡

【食べ合わせダイエット】食べ方を工夫して太らない身体を手に入れちゃおう♡

2015年06月26日更新 karin 2501 view

一度食べ始めたら止まらない、代謝が悪くなってリバウンド。頑張って厳しい食事制限をしたのに、結局ダイエットは失敗…。女性ならこんな経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。もうこんなことが起こらないように、食べ方を工夫してストレスフリーで痩せちゃいましょう♡

痩せたいのに食べちゃう…

出典:weheartit.com

痩せたいのについつい食べちゃう…。
そんなあなたに朗報です!
食べたいものにあるものをプラスするなど、食べ方を工夫するだけで食べても太らない身体を手に入れることができるんです♪

焼肉を食べるときは

食前にキムチ+ウーロン茶

焼肉を食べても太らないようにするコツは、お肉を食べる前にキムチを食べることとウーロン茶を飲むことです。

キムチに含まれるカプサイシンが中枢神経を刺激し、アドレナリンの分泌を促し代謝をよくする働きがあるため、食べたお肉のカロリーを消費してくれるんです。
また、発酵食品に含まれる乳酸菌が代謝アップを促し、2倍の脂肪燃焼効果が期待できます。

焼肉を食べるときにウーロン茶を飲むと、ウーロン茶に豊富に含まれるポリフェノールが肥満予防効果を発揮してくれますよ。

揚げ物を食べるときは

レモン+パセリ

揚げ物を食べるときにはレモンを必ずかけ、付け合わせのパセリは捨てずに食べるようにしましょう。

レモンに含まれているクエン酸には、油が多い唐揚げの消化を促してくれる働きがあり、ビタミンCにはコレステロールを下げて、血糖値を安定させてくれる効果があります。
よって、揚げ物にレモンをかけると、酸化した油を中和させてくれるので、代謝が悪くなるのを防いでくれるんです。

パセリにはビタミンB1が豊富に含まれているため、糖質の分解を助けてくれます。
また、食物繊維も豊富なので便秘解消にも効果があります。

ケーキを食べるときは

抹茶豆乳+午後3時

出典:instagram.com

ケーキを食べたくなったときは、午後3時に抹茶豆乳と一緒に食べることをオススメします。

抹茶に含まれるカテキンには、糖分や脂肪分の吸収を抑えてくれる働きがあるため、血糖値が急に上がるのを防いでくれます。
豆乳にはダイズサポニンが含まれており、このダイズサポニンは脳の満腹中枢を刺激してくれます。
そのため、食べ過ぎを防いでくれ、脂質を溜めることなくエネルギーとして消費する働きを高めます。

出典:instagram.com

午後3時にケーキを食べるといい理由は、脂肪を蓄積するビーマルワンの増加量が一番少ない時間帯だからです。
脂肪を溜めにくい時間ならお菓子を我慢しなくてもいいなんて嬉しいですね。

お寿司を食べるときは

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

karin

美容法を研究しています♡