なぜ出来るの?痛~い口内炎を即効で治す方法

なぜ出来るの?痛~い口内炎を即効で治す方法

2017年09月11日更新 RICO 825 view

歯ぐきや舌などに出来る口内炎。口の中は痛みに敏感で、食べ飲みするのも一苦労ですよね。誰でもきっと一度は経験したことがあるのではないでしょうか?たかが口内炎と思っても痛すぎて生活にも支障が出てしまうし、長引くとツライ・・・。そんな時に役立つ口内炎を早急に治す方法をリサーチしました!

何とかしたい!痛くて手ごわい口内炎

出典:pixabay.com

ふと気づくといつの間にか出来ている口内炎。
食べたり飲んだりすると痛いし、口の中の違和感でイライラしてテンションも下がっちゃいますよね。
早くこの痛みから解放されたいし、出来ることなら口内炎を防ぎたい!

そこで今回は口内炎の出来る原因と対処方法をご紹介します。
でぜひ参考にしてくださいね。

なぜ口内炎は出来るの?

出典:pixabay.com

口内炎といってもいろいろな種類があるのですが、今回は一般的に多い「アフタ性口内炎」について見ていきます。

アフタ性口内炎とは、白っぽい潰瘍で周りが赤くなり、物が触れたりするとすごく痛みを感じます。
口内炎が出来る原因もさまざまで、いろんな要因が重なって起こる場合もあるんです。

歯や歯ブラシなど外的な刺激

出典:pixabay.com

ご飯を食べたりしていてつい頬の内側や舌を噛んでしまったり、歯ブラシで強く磨きすぎたり、とんがった歯によって口の中を傷つけてしまうと粘膜が炎症を起こすことがあります。

ついやってしまいがちなことな口内炎の原因の一つです。

疲れやストレス、ホルモンの乱れ

出典:pixabay.com

日ごろのストレスや睡眠不足によって疲れが溜まっていたりすると、体力や免疫力が落ちてしまい、口内炎が出来やすくなってしまいます。
さらに女性の場合は、生理の時や妊娠中などは特にホルモンバランスが乱れることで唾液の量も減り、口内炎が出来やすい状態に。

食生活による栄養バランスの乱れ

出典:pixabay.com

毎日の食事が偏っていると必要な栄養素が不足し、体調が悪くなります。
特に口内炎に関係のあるビタミンB群が不足すると、皮膚や粘膜に異常が出て口内炎が出来やすくなってしまいます。

口腔内の状態が悪い

出典:pixabay.com

口の中は細菌が繁殖しやすい場所です。
口の中を不潔にしていると、菌がどんどん増殖して口内炎になりやすい状態に。
噛んでしまった後などにも菌が入ってしまい、口内炎を悪化させてしまう危険もあるので注意が必要です。

原因に合わせた対処方法

歯並びや噛み合わせの治療

出典:pixabay.com

いつも同じ場所を噛んでしまう場合は、噛み合わせに問題がある可能性もあるので一度歯医者さんで相談してみるのもおすすめ。
虫歯を放っておくことも、口の中の環境を悪くしてしまうので早めに治療しましょう。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR