濡れた本は冷凍庫に入れたら修復する!?本が濡れてしまったときの対処法3つ

濡れた本は冷凍庫に入れたら修復する!?本が濡れてしまったときの対処法3つ

2015年09月24日更新 yun 938 view

突然の雨などで愛読している本が濡れてしまったという経験がある方もいるのではないでしょうか。本をそのまま放置していたらシワシワになってしまい、お気に入りの本が残念な状態に…。もうそんなことにならないように、今回は濡れた本の対処方法をご紹介します。

本が濡れると大変…!

出典:instagram.com

外出先での突然の雨やバスタイムのときなどに、愛読している本が濡れてしまうと気分まで下がってしまいますよね。
また、濡れてしまった本は修復がしにくいので、手間がかかりストレスが溜まってしまうこともあります。

そんなときは以下の方法で濡れた本を修復しちゃいましょう。

濡れた本の対処方法

1.冷凍庫を使う

本を袋タイプのジップロックに入れてジッパーを閉めずに冷凍庫に入れ、1日ほど放置しておけば手間いらずで簡単に濡れた本を修復することができます。
その際は、本を開かずに閉じて、立てながら保存することがポイントになります。

2.吸水紙を使う

出典:instagram.com

本が濡れてしまったときはティッシュなどを使いがちですが、ティッシュでは水気が十分に取り切れない場合が多いです。
綺麗に修復したいのならば、吸水紙を使ってきっちり水気を取るようにしましょう。

◆詳しいやり方はこちら◆

3.アイロンを使う

出典:instagram.com

濡れた本は乾くとシワシワになりやいのが悩みの種だという方も多いのではないでしょうか。
そんなときはアイロンを活用して、綺麗な状態で修復しちゃいましょう。
本の濡れた部分を挟むようにして上下に吸水性のいいタオルを当てて水気を吸い取ってから、中温程度のアイロンをかけていくと本のページが綺麗に修復できますよ。

様々な方法で濡れた本を修復しよう

出典:instagram.com

これから読書の秋になると、ますます本を読む機会が増えるという方もいるのではないでしょうか。
ぜひこれらを参考にして、本が濡れてしまったときでも焦らずに対応できるようにしましょうね。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

yun

シンプル可愛いを勉強中