冬場の悩み!爪周りの気になるカサカサどうしたらいいの?

冬場の悩み!爪周りの気になるカサカサどうしたらいいの?

2019年02月09日更新 あーちゃん 181 view

ネイルをしたいけれど、爪周りがガサガサしていてモチベーションが下がってしまうということもあるでしょう。今回は、爪周りの状態悪化の原因を紹介するとともに、おすすめのケア方法にも触れていきます。

爪周りがカサつく……

爪周りがカサついて、汚く見えてしまうという悩みを抱えている女性も多いでしょう。

爪周りのカサつきはネイルの見栄えも悪くなってしまうので、厄介なものです。

爪周りのガサガサの原因

爪周りがカサつくのは、どうしてなのでしょうか。

まずはその原因を探った上で、爪周りのガサガサを改善していくことが大切です。

乾燥

爪周りの水分が失われると、どうしても乾燥が進んでガサガサが起こりやすくなってしまいます。

洗い物などをすることで洗剤によって爪周りの潤いは流れやすくなってしまうので、きちんと保湿ケアをするなどして対策をとっていくことが大切です。

生活習慣の乱れ

食生活や生活のリズムの乱れなど、生活習慣が乱れることでも爪周りのガサガサは起こりやすくなってしまいます。

肌を構成するタンパク質が不足すると、どうしても爪周りの状態は悪くなってしまいがちです。
肌を再生したり、修復したりするのに必要なビタミンもしっかり摂るようにしましょう。

誤ったネイルケア

毎日良かれと思ってやっているネイルケアも、その方法が誤っていると地肌にとって悪影響となるので気をつけなければなりません。

特にネイルをする人は、頻繁に除光液を使っていると爪や爪周りの皮膚に大きな負担がかかります。
また、甘皮処理もやりすぎると雑菌が入りやすくなるので注意が必要です。

爪周りのカサつきの解消法

爪周りのカサつきの原因について紹介してきましたが、ここからは実際にどのような対策を取っていけばいいのかということに触れていきます。

保湿を徹底する

爪周りが乾燥するとガサガサが起こりやすくなってしまうので、しっかりこまめに保湿をすことが大切です。

冬場は特に乾燥しやすいですし、除光液を使った後も皮膚の潤いが落ちているのでハンドクリームなどを使って、しっかりと保湿をしていきましょう。

運動を取り入れる

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR