いよいよバレンタイン!ライバルと差がつくラッピングテクニック♡

いよいよバレンタイン!ライバルと差がつくラッピングテクニック♡

2017年02月08日更新 くたまんご 1156 view

聖戦のバレンタイン間近! 手づくりで気持ちを伝えたいという女子は、さぞかし中身に気合を入れているハズ! でも、ラッピングはどうするの? ライバルと差を付けるラッピングの方法、こっそりチェックしておきましょう♡

今年は手づくり♡ ラッピングはどうしよう?

今年のバレンタインは手づくりで頑張る! という女子も多いのではないでしょうか?
どんなスイーツにしようかな、なんて中身に気合が入るのはいいのですが、仕上げのラッピングが普通じゃつまらないですよね!

せっかく手づくりで渡すなら、ラッピングにこそ気合を入れて渡しませんか?

ラッピングって難しそう…!

中身の手づくりは何とかできそうなのに、ラッピングなんて難しそうでできないよ〜(泣)という女子の悲鳴が聞こえてきそう!

ラッピングはセンスが問われる重要な見た目です。
自信を持って渡せるように、ラッピングを成功させるコツを見ていきましょう。

準備するもの

まずは、ラッピングに必要な素材を準備しましょう!
・包装紙
・ナイロン
・リボン
・マスキングテープ
・クッション材
・シール
など、ラッピングに活かせそうなアイテムは全部揃えておくと良いですよ。
100均や3COINSなどはハイコスパな素材が集められるので◎。

BOXで渡す場合

箱型やBOXで渡す場合は、基本はキャラメル包みがベースです。
デパートや通常のラッピングで多用される包装テクニックですが、意外と簡単なんです。

何度か練習すると、短時間でラッピングできるようになります。可愛い包装紙や英字新聞などでもオシャレですね。

もちろん、キャラメル包みだけじゃライバルとの差は付けられません!
リボンを掛けてお花を添える、コサージュを付ける、小さなマスコットをセットするなど、アイデア次第で単調なギフト包装がパッと華やかで個性的なものに仕上がりますよ。

瓶で渡す場合

包装紙で包むこともできますが、瓶の良さを活かしたラッピングにしたいですね。
木のスプーンを付けたり、シュシュやリボンで瓶口をとめればそれだけでも可愛くなりますよ。
フタに直接メッセージを書き込んでもOK!

可愛いタオルや風呂敷で包んでも、オシャレなラッピングになります!
割れるのも防げますし、包もそのまま使えるというのが喜ばれます。

小分けにする場合

小分けにする場合はキャンディラッピングがオススメ!
名前の通り、キャンディのように包装紙やフィルムの両端をくるくるねじってリボンで括ればいいだけの簡単で可愛いラッピング方です。

友達の顔写真を貼って、友チョコにしても素敵ですね!

透明フィルムの袋に小さめのカップ(ショットグラスでも)を入れて、その中にチョコやクッキーを入れても可愛いです。
フィルムの上はかぶせるようにして包装紙をかけたり、リボンで結べばOK!
甘いモノが苦手な人には、甘いものを少しにして手元に小さなアイテムが残るようにすれば良いですよ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

くたまんご

よろしくお願いします。