【太りにくい体質になる方法】食べているのに痩せてるあの子の秘密は”体質”にあり!

【太りにくい体質になる方法】食べているのに痩せてるあの子の秘密は”体質”にあり!

2016年03月16日更新 miya 2509 view

たくさん食べているのに痩せてるあの子。「あの子は太らない体質だから、私とは違うんだ…」と諦めていませんか?太りやすい体質は食生活や生活習慣で変えられます。食べても太らないあの子は、太りにくい体質が手に入る習慣を自然と行なっているんです。今回は、太りにくい体質になる方法をご紹介します。

なんであの子は食べても太らないの…?

出典:weheartit.com

ファミレスに入ってふと隣の席を見てみたら、スタイル抜群な女の子がハンバーグセットを食べた後にパフェまで食べてる…。
ダイエット中に目撃してしまったら、「なんであの子は太らないの?」と思わざるを得ないシーンですよね。

食べても痩せている女子は、どうして太らないんでしょうか?

その答えは「体質」にあったんです。

太りやすい体質ってどんな体質?

①筋肉が少ない

出典:weheartit.com

筋肉が少ないと、体を動かす時に使用されるエネルギーの消費量も少ないため太りやすくなります。
筋肉が少なくなる原因としては運動不足も一因と考えられますが、無理なダイエットをしていて、たんぱく質が不足してしまっているということが挙げられます。

②冷え性

出典:weheartit.com

冷え性になると全身の血行が悪くなり、必要な部分に栄養が届けられなくなります。
届けられなかった栄養は体に蓄えられて、脂肪になってしまうのです。
また、脂肪の材料となる糖質や脂質は、体を温めるための燃料として消費されます。
冷え性になって体を温める機能が低下してしまうと、糖質や脂質も消費されにくくなってしまうのです。

③ホルモンバランスが乱れやすい

出典:weheartit.com

ホルモンバランスが乱れやすい人は、一度体重が落ちてもすぐに太ってしまいます。
生理前になると太ってしまう人は、ホルモンバランスが乱れやすい体質と言ってよいでしょう。
また、ストレスでもホルモンバランスは乱れやすくなります。

④脂肪細胞の数が多い

出典:weheartit.com

脂肪細胞とは、脂肪を溜め込もうとする細胞のことです。
乳幼児や成長期の子どもに多い細胞で、大人になるにつれて徐々に減っていくと考えられていましたが、近年の研究では、大人になっても増加が止まらない人がいることが判明しています。

太りにくい体質になる方法

①代謝をアップさせる

出典:weheartit.com

太りにくい体質になるために最も重要なのが、代謝をアップさせることです。
代謝とは、食べたものをエネルギーに変化させる機能のことを指します。
代謝が高ければ、どれだけ食べてもすぐに燃焼されてエネルギーに変換されるので、脂肪として体に溜め込まれることがありません。

代謝をアップさせる方法としては、半身浴などの体を温める方法が効果的です。
体を温めれば血液の流れがよくなり、自然と体の内部から熱を生み出しやすくなります。
温かい飲み物を飲んで、体を冷やさないようにするのも重要です。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR